プロテクションフィルム 大阪」タグアーカイブ

◇XPEL STEALTH(ステルス)|ポルシェ718 ケイマンGTS4.0

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「ポルシェ718 ケイマンGTS4.0」のXPELステルスプロテクションフィルムによるマット化について、施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ポルシェ718 ケイマンGTS4.0(982)

・フルボディステルスプロテクションフィルム
(XPEL STEALTH:Matt finish)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

XPELステルスプロテクションフィルムは、グロス(光沢)の塗装面にプロテクションフィルムを施工するだけで、マットな新しい外観へイメージチェンジ出来る優れものです。

またメンテナンス等の難しい純正マット(艶消し)塗装のボディに施工することにより、質感を変えることなく塗装面を保護するとともに日常の手入れも容易になります。

ステルスフィルムによる施工は、どちらかというとブラック系のベース車両に施工して、迫力のあるマットブラックにするケースが多くなっています。

淡色ボディのマット化はマットブラック程極端な主張はありませんが、少し違う感のある控えめなイメージチェンジになります。

数年前までプロテクションフィルム施工におけるXPELステルスの施工率は、1割ほどだったように記憶していますが、最近では 3割近くになっているように思います。特別仕様車等によるマット塗装(限定)車が増えた影響かもしれません。

塗装面を強固に保護しつつイメージチェンジも出来る「XPELステルス」プロテクションフィルム。ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

プレカットフィルム見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇トヨタ・スープラ|XPELステルスプロテクションフィルム|マット化

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、大阪本社(施工店)にご入庫いただいた「トヨタ スープラ」のフルボディステルスプロテクションフィルム(XPEL STEALTH)施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

トヨタ・スープラ

・フルボディステルスプロテクションフィルム
(XPEL STEALTH:Matt finish)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

XPELステルスプロテクションフィルムは、グロス(光沢)の塗装面にプロテクションフィルムを施工するだけで、塗装面を保護しつつマットな新しい外観へイメージチェンジ出来る優れものです。

また純正マット塗装の車両にXPELステルスを施工しても施工前との差が無く、施工箇所・未施工箇所の差はほとんど分かりません。滑らかなサテン(マット)仕上げの塗面維持は難しい事で有名です。XPELSTEALTHを施工することで、簡単にクルマを洗車し新車時のマットペイントの状態を維持できます。

スープラは、3リッター直6ターボエンジンのRZにのみ「マットストームグレーメタリック」(限定:24台)の純正マット色が設定されていますが、XPELステルスでマットブラックにイメージチェンジしたスープラも純正マット色に負けていないと思います。

ボディ塗装面の保護およびマット化等イメージチェンジにご興味のあるお客様には満足度の高いメニューです。ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)


◇フロントガラスプロテクションフィルム|P-shield施工講習

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は「P-shield」フロントガラスプロテクションフィルムの施工講習について、ご紹介させていただきます。

大阪府堺市からお越しいただいた「株式会社SSコーポレーション」小谷様 、3Mカーラッピング講習、XPELプロテクションフィルム施工講習に続き「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルム施工講習にご参加いただきありがとうございます。

◇講習内容 – –

ボルボ V40:トレーニング車両
フェラーリ488スパイダー:持込車両

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム施工
(フロントガラス保護フィルム)

 – –

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つフロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。

特に他のフィルムに比べ透明性に優れておりフィルムの歪み等ほとんどありませんが、施工技術にはそれなりの経験とスキルが必要になります。2日間の講習を受講いただいてもそれだけで簡単に施工出来るものではもありません(車種により難易度も異なります)。

特に今回持込んでいただいたフェラーリ等についてはフロントガラスの湾曲が大きく施工難易度が高くなります。

ペット素材のフィルムは熱をかけることにより縮みます(シュリンク)。その性質を利用してフロントガラスの形状にあわせて熱成形を行いますが、その技術を伝えることが難しく一定の作業の中でコツを掴んでいただきます。

※ 車種によって熱成形が不可能な場合もあります。

今回受講いただいた「株式会社SSコーポレーション」の小谷様は、器用に熱成形もこなされ 488スパイダーにも無事施工することが出来ました。弊社のトレーニング担当者も喜んでおりましたが、少し悔しくもあったようです(過去に熱成形で苦戦.. ^^; )。

ウィンドウプロテクションフィルムの定番になりつつある「P-shield」施工及び講習受講等、ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

各種講習会のご案内

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇フェラーリF12 TdF|プロテクションフィルム施工|XPEL PPF|ストライプラッピング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、大阪本社にご入庫いただいた「フェラーリF12 TdF」のペイントプロテクションフィルム(フルボディ:XPEL ULTIMATE PLUS)施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

フェラーリF12 TdF

・フルボディプロテクションフィルム
XPEL ULTIMATE PLUS

・ストライプラッピング

M様 いつもご用命いただきありがとうございます。

 – –

限定799台、6.3リッターV12(DOHC 48バルブ)最高出力 8500rpm 780ps。価格にもビックリしますが、雰囲気にもオーラを感じます。

フルボディプロテクションフィルム、今回も「 XPEL ULTIMATE PLUS 」により施工を行いました。 XPEL ULTIMATE PLUSは、業界トップクラスの耐衝撃性により飛び石・砂利・油・虫の酸・鳥の糞・花粉・黄砂・雨シミから新車時の塗装面を保護するように設計されています。

特殊なクリアコート層は、汚染や紫外線によるフィルムの変色を防ぐだけでなく、通常の洗浄や乾燥、日常的に起こる擦れや軽い傷から車体を護ります。また汚れ難く透明度を長く維持し、フィルム表面に洗車傷等がついてしまっても自己修復機能により傷を消すことが可能です(深い傷は修復出来ません)。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、輸入車全般の取扱いに精通しており施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン

・ カーディテイリング参考価格のご案内

◇アウディ・R8|プロテクションフィルム施工|エンブレムペイント(塗装)交換|ブラックアウト

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、大阪本社にご入庫いただいたアウディR8のペイントプロテクションフィルム、カーボンパーツのプロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルムの施工及びエンブレムその他の塗装(ペイント)交換等によるブラックアウトの施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

アウディ・R8

・フロントフルプロテクションフィルム
XPEL ULTIMATE PLUS

・カーボンパーツプロテクションフィルム
(クォーターダクト、サイドスカート、リヤウィング)

・フロントガラス保護フィルム
P-shieldウィンドウプロテクションフィルム

・V10エンブレム、ガソリンリッド、R8ロゴペイント
(R8:グロスレッド、その他グロスブラック)

・その他エンブレム交換
(純正グラスブラック)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

 – –

フロントフルセット及びカーボンパーツのプロテクションフィルム施工については、 XPEL ULTIMATE PLUS を使用。XPEL ULTIMATE PLUSは、業界トップクラスの耐衝撃性により飛び石・砂利・油・虫の酸・鳥の糞・花粉・黄砂・雨シミから新車時の塗装面を保護するように設計されています。

特殊なクリアコート層は、汚染や紫外線によるフィルムの変色を防ぐだけでなく、通常の洗浄や乾燥、日常的に起こる擦れや軽い傷から車体を護ります。また汚れ難く透明度を長く維持し、フィルム表面に洗車傷等がついてしまっても自己修復機能により傷を消すことが可能です(深い傷は修復出来ません)。

フロントガラス保護フィルムには、すでにこのクラスの定番になっている「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムを使用。

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。特に他のフィルムに比べ透明性に優れておりフィルムの歪み等ほとんどありません。

R8ロゴのみグロスレッドのペイント(塗装)。V10エンブレム、ガソリンリッド等はグロスブラックのペイントです。またその他エンブレムについては、純正グロスブラックのエンブレムに交換しブラックアウト。全体的にかなり引き締まったイメージになりました。

弊社はパーツの脱着、プロテクションフィルム施工、カーラッピング施工、各種ペイント(塗装)等、全てに対応することが可能です。

ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン

・ カーディテイリング参考価格のご案内

◇メルセデスAMG G63(Gクラス)|ブラックアウト|カーラッピング|ペイント(塗装)|ナイトパッケージ

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデスAMG G63(Gクラス)のカーラッピング、ペイント(塗装)及びナイトパッケージのパーツ交換によるブラックアウトについて、施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデスAMG G63

・ヘッドライト、ウィンカー、ミラーウィンカー、テールレンズ
(ナイトパッケージ交換)

・フードエンブレム(キャンディスモークペイント)
・スペアタイヤカバーエンブレム(マットブラックペイント)
・ホイールキャップその他エンブレム(グロスブラックペイント)

・フロントグリル、スターマーク、F・Rバンパートリム
(グロスブラックラッピング)

・ステップ、電動ステップシルバー部(サテンブラックラッピング)
・ステップ外側のみ(XPELステルスプロテクションフィルム

・マフラーエンド(耐熱マットブラックペイント)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

 – –

・スペアタイヤカバーエンブレム(マットブラックペイント)
・フードエンブレム(キャンディスモークペイント)
・ホイールキャップその他エンブレム(グロスブラックペイント)

・ステップ、電動ステップシルバー部(サテンブラックラッピング)
・ステップ外側のみ(XPELステルスプロテクションフィルム)

・マフラーエンド(耐熱マットブラックペイント)

ナイトパッケージへのパーツ交換、定番メニューのラッピング及び各種ペイント(塗装)をミックスすることによりブラックアウト完成です。

パーツ脱着、カーラッピング施工、各種ペイント(塗装)、プロテクションフィルム施工、全てを弊社で対応することが可能です。

ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン

・ カーディテイリング参考価格のご案内

◇ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ|エアロパーツ交換・取付|プロテクションフィルム・ラッピング施工

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回はランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのカーボンパーツ(エアロパーツ)交換・取付及びプロテクションフィルム(XPELステルス)、カーラッピングの施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

・フード交換(カーボンボンネット)

・フロントバンパー上部ダクト、リップスポイラー
・サイドスカート横、リヤカウルダクト
(各部カーボンパーツ取付)

・カーボンフード&カーボンパーツPPF施工
XPEL STEALTH:Matt finish)

・PPF施工後フードセンターラッピング(マットレッド)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

 – –

カーボンパーツはかなり高額ですが、ボンネットをカーボンに替えるだけでも軽量化により走行性能がだいぶ変わるようです(経験ありませんが.. ^^;)。

今回は、フード(ボンネット)、フロントバンパー上部ダクト、リップスポイラー、サイドスカート横、リヤカウルダクトの交換・取付を行ったあと全てのカーボンパーツにプロテクションフィルム( XPEL STEALTH)を施工しました。

XPELステルスプロテクションフィルムを光沢塗装面に施工することで、つや消しのマットな外観にイメージチェンジすることが出来ます。また飛び石等からカーボンパーツに傷が入ることを防ぎつつクリア層の保護も行えます。カーボンパーツのクリア層は劣化しやすいので、プロテクションフィルムの施工はお勧めです。

プロテクションフィルムを施工した上からフードセンターにラッピングを行いました。マットレッドのラッピングフィルムですが、ボディ色との差もなくいい感じに仕上がりました。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、輸入車全般の取扱いに精通しており施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン

・ カーディテイリング参考価格のご案内

◇XPEL PPF施工講習|XPEL認定施工店コース

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、コロナ以降特に申込が増えている「XPEL PPF(プロテクションフィルム)」の認定施工店講習について、ご紹介させていただきます。

弊社は米国エクスペル社の日本総輸入元「エクスペルジャパン」の国内正規販売店として、XPELペイントプロテクションフィルムの販売・施工及び講習会を積極的に行っております。

尚、弊社のエクスペル認定施工講習(ベーシックコース)の受講者は、エクスペルジャパンの認定施工店として事業展開を行っていただけます。

◇講習内容 – –

3日間ベーシックコース
.
・持込車両:トヨタアルファード
(フロントフルプロテクションフィルム施工)

滋賀県からからお越しいただきました独立予定の森田 様、3日間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

– –

弊社の講習の特徴として、プロテクションフィルム施工講習(2日コース以上)は 1名からお車の持込が可能で、持込んでいただいたお車にフロントフルセットの施工を行っていただけます。

今回持込んでいただいた「トヨタアルファード」は、XPELのDAP(データアクセスプログラム)にプレカットデータがなかったためPCS(パターンクラウドシステム)のデータを使用しましたが、フロントバンパーのデータがなかったためバンパーはワンオフ施工となりました。

XPEL社のDAP(デザインアクセスプログラム)には10万以上のデータがありますが、輸入車が中心となっています。

データのない車両、エアロパーツ等はワンオフ施工となるためカッターの使用方法等も大切な技術となります。

プロテクションフィルムについては、需要に対して施工者の不足している状況が続いています。

各種プロテクションフィルム、ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)、カーラッピングフィルムの取扱および講習受講等ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

各種講習会のご案内

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇フェラーリ・F8スパイダー|プロテクションフィルム|フロントガラス保護フィルム|ガラスコーティング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、大阪本社にご入庫いただいた「フェラーリ・F8スパイダー」のプロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、ガラスコーティング(PPF 施工部はFUSION PLUS)及びインテリアコーティングの施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

Ferrari F8 Spider

・フロントフル + ロッカーパネルPPF
(XPEL ULTIMATE PLUS)

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

・G’zoxリアルガラスコート(class R)
・PPF施工部:FUSION PLUS

・CLIMAXインテリアコート

このたびはご用命いただきありがとうございました。

 – –

飛び石のリスクが高いフロントまわり及び前輪からの跳ね上げで傷の入りやすいロッカーパネルにプロテクションフィルム(XPEL ULTIMATE PLUS)を施工。

XPEL ULTIMATE PLUSは、透明感の高いクリアーな光沢フィルムで、業界トップクラスの耐衝撃性を備えています。また、傷や環境汚染物質及び飛び石・砂利・油・虫・鳥の糞・花粉・黄砂・雨シミから塗装面を保護するように設計されています。

プロテクションフィルム施工部にはPPF専用のコーティング剤「FUSION PLUSセラミックコーティング」、その他ボディにはG’zoxリアルガラスコート(class R)、室内には防汚力の高インテリアコーティング「CLIMAXインテリアコート」を施工。

CLIMAXインテリアコート(水性)は従来のコーティング剤と違い有機溶剤を含まないため、車内でも安心・安全にご使用いただけます。また、汚れが素材に浸透するのを防ぐことにより簡単なお手入れだけで長期間キレイな状態を維持することができます。

フロントガラスの保護には「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムを施工。

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能な保護フィルムです。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン

・ カーディテイリング参考価格のご案内

◇フェラーリ 488ピスタスパイダー|大阪本社|プロテクションフィルム

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、大阪本社にご入庫いただいた「フェラーリ・488ピスタスパイダー」のフルボディプロテクションフィルム(XPEL ULTIMATE PLUS)施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

Ferrari 488 Pista Spider
.
・フルボディプロテクションフィルム
(XPEL ULTIMATE PLUS)
.
このたびはご用命いただきありがとうございました。

 – –

プロテクションフィルム施工のもっともシンプルなグロス(透明)プロテクションフィルム(XPEL ULTIMATE PLUS )によるフルボディ保護。フロントフルセット施工に比べると割合は少なくなりますが、このクラスの車両ではかなり多くなってきました。

ULTIMATE PLUSの特長は、汚れがつきにくく透明度を長く維持し、もしフィルム表面に洗車傷などがついてしまっても自己回復機能により温めることで傷を消してくれます。

弊社は米国エクスペル社の日本総輸入元「エクスペルジャパン」の国内正規販売店として、XPELペイントプロテクションフィルムの施工・販売及び各種講習会を行っております。

ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン