◇各種プロテクションフィルム施工講習会

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

本日は、ペイントプロテクションフィルム及びウィンドウプロテクションフィルムの施工講習会について、ご紹介させていただきます。

コロナ禍において、変化にチャレンジする施工店さんや板金塗装工場さん、また新規参入予定の他業者さん等により弊社の各種講習会(有料)は前年から大幅に増加し 4月~12月で 47件の講習を受講いただきました。

内容的には 8割以上がプロテクションフィルム(ウィンドウ含む)の講習で、例年は 1DAYコースの体験的講習が多かったのに比べ、今年度はほとんどの方がベーシックコース(認定講習:2日~3日)を受講、一定の期間で商品の取扱をスタートされるケースがほとんどです。

XPELペイントプロテクションフィルム施工講習
(3日間ベーシックコースの受講により認定施工店として登録)

CLIMAXプロテクションフィルム施工講習

STEKプロテクションフィルム施工講習

Fenix Scratch Guard(スプレー式 PPF )施工講習会
(2日間の認定講習受講により認定施工店として登録)

P-Shield ウインドプロテクションフィルム施工講習

CLIMAXフロントガラスシールド施工講習

弊社の講習会は全てのコースにおいて実技講師 1名に対し受講者 2名までの少人数制で1名で参加される場合は、マンツーマンの充実した内容となっております。

またペイントプロテクションフィルム施工講習(2日コース以上)は1名からお車の持込が可能で、持込んでいただいたお車にフロントフルセットの施工を行っていただけます(講師がお手伝いします。弊社のフロントフルセット施工価格は 297,000円~ なのでかなりお得です。注:時間切れになる場合があります。※ 標準車両限定)。

ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)の施工講習会(2日コース以上)においても 1名からお車の持込が可能で、持込んでいただいたお車のフロントガラスに施工を行っていただけます(講師がお手伝いします。弊社の「P-Shield」施工価格は 93,000円~ なのでお得です。注:標準車両限定)。

最近ではお客様の了解を得て、施工依頼を受けたお車を持ち込まれて受講されるケースやお店のデモ車等、本格的な施工車両の持ち込みによる受講が増えております。

各種ペイントプロテクションフィルム、ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)、カーラッピング等、講習受講ご検討の際には気軽にお声がけください。

◇LC500コンバーチブルに「Fenix Scratch Guard」を施工

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は「LC500コンバーチブル(ストラクチュラルブルー)」に施工(昨年)したスプレー式プロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」のご紹介をいたします。

◇施工内容 —

・フロントフルセットプロテクションフィルム
Fenix Scratch Guard

G’zoxリアルガラスコート

このたびはご用命いただきありがとうございました。
———————-

一般的なペイントプロテクションフィルムは、車のボディーにフィルムを張り付けて施工を行いますが、スプレー式プロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」は、塗装ブースを使用して、スプレーガンで吹き付けることにより施工を行います。

そのためガラスコーティングや一般的なプロテクションフィルムの施工を行っているディテイリングショップでは、ほとんど取扱を行っておりません。

「Fenix Scratch Guard」は、フィルムでは施工が困難になる複雑な形状のエアロパーツや細かなパーツ類も、継ぎ目・エッジ等のない施工を行うことが可能で、ポリッシング(磨き)やコーティング、傷の修復や艶出しも行えます。

また塗装と同じようにカラーリングが行えるため、カーラッピングのように色を選択することも可能で、品質や耐久性についてもフィルムで行う一般的なカーラッピング比べ優れています。

施工後のフィルムの厚みは 150μm~200μm(施工前塗面厚は150μm前後)以上で、強力なプロテクションフィルムを形成。飛び石傷や擦り傷など塗装のダメージを大幅に軽減させます。

板金塗装工場にとっては、その設備及び技術を活かして一般的なプロテクションフィルムと差別化することが出来る魅力的な商品だと思います。

弊社は、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、輸入車全般の取扱いに精通しており、施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

「Fenix Scratch Guard」及び各種プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

◇レース車両のウィンドウシールドプロテクション

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、レースカーのフロントガラス保護(飛び石防止)フィルムについて、ご紹介いたします。レース中のフロントガラスには、一般走行では考えられないぐらい前方車両から巻き上げられる飛び石、砂、オイル、泥、タイヤかす等が飛んできます。

近年のレース車両にはフロントガラスを飛び石等から守るウィンドウプロテクションフィルム(保護フィルム)及び簡単に拭き取れない汚れ(オイル・タイヤかす)から短時間で視界をクリアーにするための積層フィルム(ティアオフ)を施工している車両が増えてきました。

特にレース中にピット作業が入る耐久系のレースにおいては、ほとんどの車両で積層フィルム(ティアオフ)が施工されるようになりました。

弊社はこの分野におけるフロントガラス保護の定番である米国レーシングオプティクス社(Racing Optics)の認定ディーラーとして、レース車両用積層フィルム 3333シールドの施工・販売を行っております(WEC等ではほとんどの車両にレーシングオプティクスの積層フィルムが施工されています)。

また弊社では、遮熱効果と保護効果を併せ持つ「CLIMAXフロントガラスシールド」をベースの保護フィルムとして施工し、その上にレーシングオプティクス社の 積層フィルム(ティアオフ)を施工することをお勧めしています。

一部の競技車両やスーパーカーで活用されてきたフロントガラスに外貼りするウインドウプロテクションフィルム(飛び石防止フィルム)も技術開発が進み製品競争が進んでいます。需要・供給の広がりでフィルムの性能が上がるにつれて、最近では JAF公認のナンバー付レース車等においてもウインドウプロテクションフィルム(飛び石防止)の施工を行う車両が増えてきています。

現状弊社では、ワンメークレースやナンバー付レースカー及びスポーツ走行車両等については、強力なガラス保護機能に加え、透過率、透明性、初期撥水機能の高い「P-Shieldウインドプロテクションフィルム」の施工をお勧めしています。フィルム表面の強力な撥水コートにより雨天時の視界の確保に優れ汚れの付着も少なくなります。

またこの 2月に新商品として発売が予定されている米国STEK社の「Windshield-flex」は施工時に熱成形の必要がないウィンドウプロテクションフィルムとして注目されています。

弊社としても STEK JAPANの国内正規販売店として、今後評価テストを進めるとともにナンバー付レースカー等のプレカットフィルムの作成を順次行います。

ウィンドウプロテクションフィルムが、プレカットフィルムを用いた熱成形のない施工になれば施工価格はかなり抑えられると思われます。是非続報にご期待ください。

各種プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

◇メルセデスAMG GLC63Sに「XPEL STEALTH(ステルス)」ペイントプロテクションフィルムを施工

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は「メルセデスAMG GLC63S」の各種プロテクションフィルムの施工をご紹介いたします。

◇施工内容 ーー

メルセデスAMG GLC63S
.
・フルボディステルスプロテクションフィルム(XPEL)

・サンルーフアルティメットプラス(XPEL)

・P-shield ウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

・エンブレムグロスブラックペイント
.
このたびはご用命いただきありがとうございました。

ーーーーーーーー
そのままでも迫力のあるブラックボディの「メルセデスAMG GLC63S」全面にXPELSTEALTH(ステルス)ペイントプロテクションフィルムを施工することにより、さらに迫力満点のマットブラックにカラーチェンジ。

XPELSTEALTH(ステルス)は、グロス色の車両ボディをマット色に変身させることが出来るプロテクションフィルムです。また手入れの難しいマット色のボディに施工することにより塗装面を美しく長期間保護出来ます(今回はサンルーフ部分のみXPEL ULTIMATE PLUSを施工)。

フロントガラスには今年発売になった純国産の「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムを施工。P-shieldウィンドウプロテクションフィルムは、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)です。

また各種エンブレムについては、お客様のご要望によりグロスブラックに塗装しております。

弊社は、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、輸入車全般の取扱いに精通しており施工時にパーツの脱着が必要な作業や各種ペイント、スプレー式PPF等についても対応しております。

各種プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

◇スプレー式PPF「Fenix Scratch Guard」無料見学会のご案内

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は「Fenix Scratch Guard」(スプレー式プロテクションフィルム)の無料の見学会のお知らせです。「Fenix Scratch Guard」は板金塗装工場の設備及び技術が活かせるペインロプロテクションフィルムとして注目されています。ご興味のあるボディショップの皆様、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

◆ 日時会場
東京会場
・日時:2021年2月6日(土)13時30分~17時
・会場:(株)ソフト99オートサービス 東京営業所
https://www.soft99-as.co.jp/corp_site/office/tokyo.html

◆ プログラム内容
・「Fenix Scratch Guard」の特徴説明
・「Fenix Scratch Guard」の施工見学

※ 新型コロナウィスル感染症によるイベント等の自粛要請により開催を延期する場合があります。

ご参加を希望される方は、下記申込フォームより参加申し込み登録をお願いいたします。
(定員 20名申込先着順となります。)
https://www.soft99-as.co.jp/corp_site/ppf_s/

スプレー式ではフィルムの継ぎ目、エッジ等のない品質でプロテクションフィルム及びカーラッピングの施工が行えます。また塗装と同じようにポリッシング(磨き)やコーティングも可能で、傷の修復や艶出しも行えます。

お問合せ:(株)ソフト99オートサービス 東京営業所
電話番号:03-3527-5699 担当:濱根(ハマネ)、田中

◇熱成形の必要がないウィンドウプロテクションフィルム「Windshield-flex」

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は米国 STEK社より発表されました注目のウィンドウシールドプロテクションフィルム「Windshield-flex」の無料ワークショップについて、ご案内をさせていただきます。

弊社はペイントプロテクションフィルムと同様に各種ウィンドウシールドプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)についても国内正規販売店及び認定ディーラーとして、施工・販売・講習会等積極的に取組を行っております。

この度、2021年2月に発売が予定されている STEK「Windshield-flex」の注目されている特徴は、熱成形の必要がなくそのままフロントガラスに施工出来るところです。ウィンドウプロテクションフィルムの熱成形に苦労されているインストーラーは少なくないと思います。

熱成形が無くなることにより車種別プレカットデータの可能性もあります。また施工時間が短縮されることにより価格を下げることが出来ればお客様のニーズも大きくなると思われます。

弊社において評価テスト等行えておりませんが、ファーストインプレッションにおいて新たな可能性を感じられたため、国内正規販売店として下記のとおり無料のワークショップを開催いたします。

ディテイリングショップの皆様、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

–無料ワークショップ参加申込フォーム
https://www.soft99-as.co.jp/corp_site/ppf_stw/

◇ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ に各種プロテクションフィルムを施工

みなさん明けましておめでとうございます。
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

昨年はホームページにおいて、カーディテイリング商材のオンラインショップを開設したことにより、ディテイリングショップのみなさんとたくさん接点を持たせていただくことが出来ました。

味を占めたわけではないですが、今年は公式ブログをスタートします。かなり気まぐれになるかとは思いますが、各種施工事例・製品紹介等発信を行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

初回は、新車「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」の各種プロテクションフィルム施工をご紹介いたします。

◇施工内容 —-

・フロントフル、Aピラープロテクションフィルム
・「P-shield」フロントガラス保護フィルム

・フロントバンパーサイド、サイドステップ
(グロスブラックラッピング)

・フロントバンパー、サイドステップ
・リヤバンパー、エンジンフード
・リヤウィング、デュフューザー
(各レッドライン、ホワイトラインラッピング)

・左右クォーター特注ロゴステッカー

・ガソリンリッド Fenix Scratch Guard
(カラーチェンジプロテクション・ブラック)

N様この度はご用命いただきありがとうございました。
——————

フロントセクション及び Aピラーのプロテクションフィルムには、現在国内トップシェアの「XPEL ULTIMATPLUS」を施工いたしました。XPEL ULTIMATPLUSは、透明性が高いポリウレンタン製フィルムで、豊富なプレカットデータ保有しているため施工店からも評価が高いプロテクションフィルムです。

フロントガラスには今年発売になった純国産の「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムを施工いたしました。P-shieldウィンドウプロテクションフィルムは、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)です。

各所にレッドライン、ホワイトラインのラッピングを行い左右クォーターに特注ロゴステッカーを施工、ガソリンリッドには、スプレー式プロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」を用いてブラックにカラーチェンジを行いました。

Fenix Scratch Guardはフィルムでは貼ることが困難なパーツ等も継ぎ目なく保護出来るプロテクションフィルムで、自由にカラーチェンジも行えます。

弊社では、各種ペイントプロテクションフィルム、カーラッピング、ウィンドウプロテクションフィルム等、豊富なラインナップにより、お客様のニーズに対応したご提案をさせていただきます。

ご検討の際には気軽にお声がけ下さい。