フロントガラスプロテクションフィルム」タグアーカイブ

◇ペイントプロテクションフィルム(PPF)出張施工講習|フェラーリ488チャレンジEVO

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、新潟県の「有限会社 Axis」様で実施したペイントプロテクションフィルム(PPF)講習及びフロントガラスプロテクションフィルム + カーラッピング講習について、ご紹介させていただきます。

講習内容は、フェラーリ488チャレンジ EVOの実車施工トレーニングを中心に行った XPELペイントプロテクションフィルム(PPF)の 3日間認定講習及び 1DAYウィンドウプロテクションフィルム(WPF)+ カーラッピング(ルーフ)講習の特別出張コースです。

◇講習内容 – –

講習車両:フェラーリ488チャレンジEVO

・フルボディプロテクションフィルム(ルーフ除く)
(XPEL STEALTH)

・ルーフラッピング
(3M 2080-G12 グロスブラック)

・ウィンドウプロテクションフィルム
(STEK DYNOflex)

このたびは 4日間特別コース受講ありがとうございました。

– –

XPELステルスプロテクションフィルムや STEKのダイノマット及び HEXISボディフェンスマットは、グロス(光沢)の塗装面にプロテクションフィルムを施工するだけで、マットな新しい外観へイメージチェンジ出来る優れものです。

またメンテナンス等の難しい純正マット(艶消し)塗装のボディに施工することにより、質感を変えることなく塗装面を保護するとともに日常の手入れも容易になります。

フェラーリのワンメークレース車両 488チャレンジEVO。レース中には様々な飛散物を受けます。少しでもダメージを抑えるためプロテクションフィルムは必須です。

3日間のプロテクションフィルム認定講習に追加した1DAY講習で、まずは人気のルーフラッピング。フェラーリのルーフラッピングはすでに定番メニューで、ほとんどの方がグロスブラック色を指定されます。

マットシルバーのボディにグロスブラックのルーフ。アクセントが効いていて似合っていると思います。完成車両写真がないのが残念です(弊社現場の撮り忘れ..)。

ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)は、各種プロテクションフィルムの中でも特に消耗品的な要素の高いフィルムになりますが、サーキット走行車両は様々な飛散物からフロントガラスを守るためウィンドウプロテクションフィルムも必須です。

今回は張り替える機会が多い車両なので、熱成形の必要がないSTEK「Windshield-DYNOflex」による施工です。STEKダイノプレックスの最大の特徴は、特殊なポリウレタン素材を採用したことによる優れた施工性です。特にレース車両等については、一度プレカットフィルムを作ってしまえば貼り替えも簡単に行えます。

弊社の各種プロテクションフィルム及びカーラッピング講習は、講師1人につき受講者 2名様までの少人数制の講習となっております。フィルムの基本知識やスキージーの使い方などの基礎から実車を使用した実技講習を中心とした内容です。

認定施工店コースでは、実際の施工時に起こりがちなトラブルにもしっかり対処できるように、リカバリー方法や各部施工時の注意点など細かく学ぶことができるプログラムとなっております。

また持込車両を認めているコースも多く、持込んでいただいたお車に施工を行っていただけます。様々なご要望にも出来る限り柔軟に対応いたします。講習受講等ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

ペイントプロテクションフィルム講習

ウィンドウプロテクションフィルム講習

カーラッピング講習

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇レーシングオプティクス(Racing Optics)|ティアオフ(積層フィルム)|AMG GT4

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、2022年スーパー耐久シリーズ 第2戦「富士SUPER TEC 24時間レース」の準備としてご依頼いただいた「TEAM 5ZIGEN AMG GT4」のフロントガラスプロテクションフィルム(積層フィルム)施工事例についてご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

TEAM 5ZIGEN AMG GT4

・フロントガラスティアオフ積層フィルム
(Racing Optics:4444RACING)

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

弊社は米国レーシングオプティクス社(Racing Optics)の認定ディーラーとして、レースシーンにおけるフロントガラス保護の定番であるレース車両用積層フィルム4444レーシング及び 3333シールドの施工、販売及び講習会を行っております。

レーシングオプティクス社のウィンドウシールド施工、取扱等、ご検討の際には気軽にお声がけ下さい。

今回施工に使用したレーシングオプティクス社の積層フィルム 4444レーシングは、レース車両のフロントガラス用に設計された保護と視界の快適さを組み合わせたティアオフフィルムです。このフィルムは 100μm 4層のポリエステルで構成されており、レース中の飛び石、汚れ等の保護及び取り外しが可能で、深いキズ、強い汚れ等が付着した時には1枚づつ取り外すことが出来ます。

弊社は各種プロテクションフィルムの取扱いの中からレーシングカー、スポーツ走行車両に適したプロテクションフィルムのご提案を行っております。ご検討の際には気軽にお声がけ下さい。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇フロントガラスプロテクションフィルム|ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ|P-shield

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのフロントガラスプロテクションフィルム「P-shield」の施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。また他のフロントガラス保護フィルムに比べ透明性に優れておりフィルムの歪み等もありません。

フロントガラスが高額な車両ではすでに定番になりつつあるフロントガラスプロテクションフィルム。ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇フェラーリ・SF90ストラダーレ|プロテクションフィルム|フロントガラス保護フィルム|CLIMAXフィルムコート

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、システム出力1000PSを発生するフェラーリのプラグインハイブリッドモデル(PHEV)「SF90ストラダーレ」のXPELステルスプロテクションフィルム、P-shieldフロントガラスプロテクションフィルム及びフィルム専用ガラスコーティング CLIMAXフィルムコートの施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

フェラーリ・SF90ストラダーレ

・フロントフルプロテクションフィルム
・ドア内側一部プロテクションフィルム
(XPEL STEALTH)

・フロントガラス保護フィルム
(P-shieldウィンドウプロテクションフィルム)

・ガラスコーティング(PPF施工部含む)
(CLIMAXフィルムコート)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

純正マット色の車両には、XPEL STEALTH、HEXIS BOBYFENCE MATT、STEKDYNOmatt等、マットフュニッシュ(仕上げ)仕様のプロテクションフィルムを施工することにより、マット色の雰囲気を損なうことなく塗装面の保護を行うことが可能です。

また今回は、お客様のご要望により乗り降りにおいて一番靴が当たりやすいドア内側部分にもプロテクションフィルムの施工を行いました。この部分は靴があたって汚れたり痛んだりしやすいので、お勧めかもしれません(プロテクションフィルムを施工していると汚れも拭くだけ簡単に落とせます)。

また今回は、プロテクションフィルム施工車両にお勧めのコーティング「CLIMAXフィルムコート」を全面(PPF施工部及びその他ボディ)に施工しました。

「CLIMAXフィルムコート」は、フィルムの保護・防汚のために開発された専用コーティング剤で、6ミクロンの厚い皮膜による機能性と1液型による優れた作業性によりプロテクションフィルムやラッピングフィルムだけではなくボディ・樹脂パーツ・アルミ・マフラーにも施工可能となっています。

フロントガラスの保護フィルムは、すでに定番になっていてお勧めの「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルムを施工しました。「P-Shield」は、純国産のフィルムを使用しており撥水性と対スクラッチ性及び長期耐候性をあわせ持つフロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。特に他の製品と比べると透明感が高く歪み等も発生しません。

1000PS、0-100km/h 2.5秒、0-200km/h 6.7秒、最高速340km/h、ちょっと想像出来ない世界ですねっ..^^;

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇フロントガラス保護フィルム|ヘッドライトプロテクションフィルム|メルセデスAMG G63

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、最近特に注目されているフロントガラス保護フィルム(P-shieldウィンドウプロテクションフィルム)及びヘッドライトプロテクションフィルム(XPEL ULTIMATE PLUS)の施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデスAMG G63

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

・ヘッドライトプロテクションフィルム
(XPEL ULTIMATE PLUS)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。

高価な(特にスマートドライブ/補助カメラおよびセンサー付き車両など)フロントガラスの交換リスクを大幅に低減するのに役立ちます。 光学的なクリアさによって、外観を損わず、自動運転システムに干渉することはありません。

ヘッドライトプロテクションフィルムはもともと劣化しやすいポリカーボネートのヘッドライト保護(黄ばみ・くすみ防止)を目的として広がった商品です。

ヘッドライトの劣化は、保管状況や走行距離等に大きく左右されますが、直射日光が常にあたる保管場所や走行距離の多い車両の場合、対候性が低くなります。特に走行中は細かな埃や小石等によりトップコート層が劣化しますので、1台の車を長く乗られる場合は、プロテクションフィルムの施工がお勧めです(最近は高額なヘッドライトが増えております)。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇ペイントプロテクションフィルム|フロントガラスプロテクションフィルム|ポルシェ911GT3 RS

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「ポルシェ911GT3 RS」のフロントガラスプロテクションフィルムの施工及びペイントプロテクションフィルムの施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ポルシェ911GT3 RS

・フロントフル、左右クォーター
・ルーフサイド~ロッカーパネル
(PPF施工:XPEL ULTIMATE PLUS)

・フロントガラスプロテクションフィルム
(P-shield フロントガラス保護フィルム)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

ペイントプロテクションフィルムは、外的な衝撃を吸収・分散させる柔軟性と、キズが付きづらい耐摩耗性、そして三次曲面にも施工がしやすい伸縮性など様々な高機能を持たせた透明度の高い特殊ポリウレタンフィルムでボディーを覆うことにより飛び石やキズから愛車を保護する製品です。

フロント廻りはもちろんですが、ポルシェやGRヤリス等前輪から跳ね上げる飛び石等を受けやすい場所にも最適です。

フロントガラス保護フィルムは特殊なフィルムでフロントガラスを覆い、飛び石などによるガラスの「キズ」「ヒビ」「割れ」等からフロントガラスを保護することを目的として開発された透明性、成形性の高いフロントガラスのプロテクションフィルムです。

先進安全装置及び運転支援システムの普及により、補助カメラやセンサー付きのフロントガラスが増えるとともに、交換時にエーミング作業等も必要となり、フロントガラスの破損にともなう交換リスクは高まっています。

これまで、一部の高級車やスポーツ走行車両に限定されていたフロントガラス保護フィルムも、技術開発が進み需要・供給とも広がりつつあります。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇フロントガラスプロテクションフィルム|ペイントプロテクションフィルム|アヴェンタドールSVJ

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのフロントガラスプロテクションフィルムの施工及びペイントプロテクションフィルムの施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

・フロントフルペイントプロテクションフィルム
(XPEL ULTIMATE PLUS)

・フロントガラスプロテクションフィルム
(P-shield フロントガラス保護フィルム)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

ペイントプロテクションフィルムは、ツヤを出してボディを美しく見せているガラスコーティング等とは全く異なるコンセプトで開発され、外的な衝撃を吸収・分散させる柔軟性と、キズが付きづらい耐摩耗性、そして三次曲面にも施工がしやすい伸縮性など様々な高機能を持たせた透明度の高い特殊ポリウレタンフィルムでボディーを覆うことにより飛び石やキズから愛車を保護する製品です。

キズのつきやすいドアノブ、サイドエッジ、ラゲッジエリアや足回りからの跳ね上げ部、リヤフェンダー張り出し部(ストーンガード)及びフロント廻りの飛び石保護を目的にしたフロントセット(バンパー、フード、フェンダー、ドアミラー)、最近ではボディ全体に施工される方も増えています。

フロントガラス保護フィルムは特殊なフィルムでフロントガラスを覆い、飛び石などによるガラスの「キズ」「ヒビ」「割れ」等からフロントガラスを保護することを目的として開発された透明性、成形性の高いフロントガラスのプロテクションフィルムです。

先進安全装置及び運転支援システムの普及により、補助カメラやセンサー付きのフロントガラスが増えるとともに、交換時にエーミング作業等も必要となり、フロントガラスの破損にともなう交換リスクは高まっています。

これまで、一部の高級車やスポーツ走行車両に限定されていたフロントガラス保護フィルムも、技術開発が進み需要・供給とも広がりつつあります。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇XPELプロテクションフィルム|P-shieldフロントガラス保護フィルム|メルセデス・ベンツS500ロング(AMGライン)

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、マンソリーのフルエアロを纏ったメルセデス・ベンツS500ロング 4MATIC(AMGライン)のフロントフルプロテクションフィルム(XPEL ULTIMATE PLUS)及びフロントガラスプロテクションフィルム(P-shield)の施工事例についてご紹介させていただきます。

施工内容 – –

メルセデス・ベンツS500ロング 4MATIC(AMGライン)

・フロントフルプロテクションフィルム
(XPEL ULTIMATE PLUS:ワンオフ施工)

・フロントガラスプロテクションフィルム
(P-shield WPF)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

以前に比べると見る機会が少なくなったSクラスですが、昭和世代にとってはメルセデスベンツの象徴的な存在。時代が変わっても存在感は変わりません。

今回は、XPELのプロテクションフィルム(ULTIMATE PLUS)によりフロント廻りを保護。プロテクションフィルムについては、各種ラインナップの充実に努めておりお客様のニーズに応じた提案を行っておりますが、弊社の各スタッフは施工性に優れているXPELプロテクションフィルムをお勧めするケースが多いようです。XPEL ULTIMATE PLUSは下記のような機能を備えています。

・自己修復トップコート

ULTIMATE PLUSは、高分子ポリウレタンで構成されており、フィルム表面に軽く熱を加えると、洗車傷やトップコート表面の浅い傷であれば自己修復します。

・透明度の高いクリアーなフィルム

XPEL独自のフィルム素材配合により、フィルムを貼った部分が分からないほどの高い透明度で、UV露光による黄変がありません。

・変色&汚れへの耐性

環境汚染物質によるシミ・汚れからボディーを守ります。ULTIMATE PLUSは、フィルムメンテナンスをしていただく事で、最も過酷な条件下でも高い透明度を維持します。

・擦り傷・飛び石によるチップからボディを保護

洗車傷・擦り傷・飛び石によるチップから傷を防ぎ、新車時のような輝きを守ります。

・エッジシールテクノロジー

XPEL独自のエッジシールテクノロジーにより、フィルムの剥がれや層間剝離を防ぎます。

今回はワンオフ施工によりマンソリーのエアロパーツも含め施工を行っております。エアロパーツ等もカーボンの高額な商品が多いので、プロテクションフィルムによる保護が最適です。

フロントガラスプロテクションフィルムは、すでに定番になったP-shieldを施工しました。「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つフロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルム施工講習|BMW M3

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、BMW M3を持ち込んでいただいて実施した「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムの施工講習について、ご紹介させていただきます。

◇講習内容 – –

2DAYコース
持込車両:BMW M3

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム施工
(フロントガラス保護フィルム)

 – –

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つフロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。

特に他のフィルムに比べ透明性に優れておりフィルムの歪み等ほとんどありませんが、施工技術にはそれなりの経験とスキルが必要になります。2日間の講習を受講いただいてもそれだけで簡単に施工出来るものではもありません(車種により難易度も異なります)。

ペット素材のフィルムは熱をかけることにより縮みます(シュリンク)。その性質を利用してフロントガラスの形状にあわせて熱成形を行いますが、その技術を伝えることが難しく一定の作業の中でコツを掴んでいただきます。

※ 車種によって熱成形が不可能な場合もあります。

P-shieldウィンドウプロテクションフィルムについてはまだまだ施工出来るお店も少ないので、新規商談の切り口として活用いただければと思います。

フロントガラス保護フィルムの定番になりつつある「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムの施工及び講習受講等、ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

各種講習会のご案内

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇フロントガラス保護フィルム(WPF)|P-shield施工講習

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、最強のスカイライン 400Rとフェラーリ 488GTBを持ち込んでいただいて実施した「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムの施工講習について、ご紹介させていただきます。

京都府八幡市からお越しいただいた「株式会社洛南」今西様及び高山様、XPELプロテクションフィルム施工講習に続き「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルム施工講習受講ありがとうございました。

◇講習内容 – –

持込車両
一日目:スカイライン 400R
二日目:フェラーリ 488GTB

・P-shieldウィンドウプロテクションフィルム施工
(フロントガラス保護フィルム)

 – –

「P-Shield」は高品質な純国産フィルムを使用したフロントガラスプロテクションフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスであわせ持つフロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムです。

特に他のフィルムに比べ透明性に優れておりフィルムの歪み等ほとんどありませんが、施工技術にはそれなりの経験とスキルが必要になります。2日間の講習を受講いただいてもそれだけで簡単に施工出来るものではもありません(車種により難易度も異なります)。

特に今回持込んでいただいたフェラーリ等についてはフロントガラスの湾曲が大きく施工難易度が高くなります。

ペット素材のフィルムは熱をかけることにより縮みます(シュリンク)。その性質を利用してフロントガラスの形状にあわせて熱成形を行いますが、その技術を伝えることが難しく一定の作業の中でコツを掴んでいただきます。

※ 車種によって熱成形が不可能な場合もあります。

今回受講いただいた「株式会社洛南」の今西様、高山様とも器用に熱成形をこなされ488GTBにも無事施工することが出来ました。 P-shieldについてはまだまだ施工出来るお店も少ないので、新規商談の切り口のとして活用いただければと思います。

ウィンドウプロテクションフィルムの定番になりつつある「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムの施工及び講習受講等、ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

各種講習会のご案内

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム