株式会社ソフト99オートサービス

Menu

ソフト99オートサービスBLOGThis is the official blog site of Soft99autoservice.

◇ブラックアウト化|ラッピング、ペイント(塗装)、スモークPPF|マセラティ・ギブリ

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、マセラティ・ギブリのカーラッピング、ペイント(塗装)及びスモークプロテクションフィルムによるブラックアウト化の施工事例について、ご紹介させていただきます。

施工内容 – –

マセラティ・ギブリ

・フロントグリルメッキ部、ドアハンドル、ガーニッシュ
・ウィンドウモール、フェンダーダクトメッキ部
(グロスブラックラッピング:3M 2080-G12)

・フロントバンパーエンブレム、グリルエンブレム
・ヘッドライト、テールレンズ、リフレクター
(STEK DYNOshade プロテクションフィルム施工)

・トランクエンブレム、マフラーエンド(耐熱)
(マットブラックペイント)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

ラッピングによるブラックアウト化はいろんな車種で人気ですが、特にマセラティ・ギブリについては定番になっています。フロントグリルメッキ部、ドアハンドル、ガーニッシュ、ウィンドウモール、フェンダーダクトメッキ部については、セットメニューといってもおかしくないぐらいです。これらのパートをブラックアウト化することによりボディーが引き締まり、スポーティー感がアップします。

トランクエンブレムのグロスブラック色によるペイントやマフラーエンドの耐熱マットブラックのペイントも人気のメニューです。弊社の強みとしては、カーラッピングやプロテクションフィルムの施工とペイント(補修含む)及びパーツ交換等の脱着が必要な作業を同時(同一工場)に行えるところです。

また今回は、フロントバンパーエンブレム、グリルエンブレム、ヘッドライト、テールレンズ及びリフレクターについてもスモークプロテクションフィルム(STEK DYNOshade)を施工しました。これらもブラックアウトメニューのセットとして、バランスもよくお勧めです。

弊社は、「ポルシェ」「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ボルボ」「MINI」等の厳しい基準に基づいた認定(指定)板金塗装工場の資格を有しており、施工時にパーツの脱着や塗装の必要な複合する作業についてもご安心いただけます。また特定整備認証も取得しております。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。



PPF施工キャンペーンのご案内

サンキュウセット(PPF+GZOX)のご案内

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇レクサス LC500|ヘッドライトプロテクションフィルム|パーツペイント(塗装)・取付

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、レクサス LC500のヘッドライトプロテクションフィルム(STEKDYNOshade:スモーク)施工及びフロントグリル廻り・ヘッドライト廻り・テールレンズ廻り、トランクエンブレム、トランクスポイラー等(取付含む)のペイント(塗装)について、ご紹介させていただきます。

施工内容 – –

レクサス LC500

・ヘッドライトプロテクションフィルム
(STEKDYNOshade PPF)

・グリル、ヘッドライト、テールレンズ廻り
(グロスブラックペイント)

・トランクスポイラー、トランクエンブレム
(グロスブラックペイント)


このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

今回施工したヘッドライトがダークになるものやスモークになるヘッドライトプロテクションフィルム(例:STEKDYNO shade、STEKDYNO smoke、XPELストレートスモーク 50%、XPELストレートスモーク 35%等)は、ヘッドライトの光度にかなりの影響が出ます。弊社のこれまでの施工例として、STEKDYNO shade、XPELストレートスモーク 50%を施工した場合、最低光度が 40% ~ 50%下がります。予めご理解のうえ、施工のご検討をお願いします。

また、現在ヘッドライトはロービーム1灯の最低光度が6,400カンデラ必要です。弊社ではヘッドライトプロテクションフィルム(色付き)を施工した場合、ヘッドライトテスターにより光度を測定し、最低光度が6,400カンデラを下回った場合、施工したフィルムを剥がさせていただきます。この場合フィルム費用及び施工工賃は発生いたしませんが、お客様において発生する交通費、施工期間中の代車費用その他発生する損失等については、お客様のご負担となります。

なお、ディテイリングショップでは、ヘッドライトテスターを保有しているところは少ないと思います。新車で「STEKDYNO shade」、「XPELストレートスモーク 50%」施工の場合、最低光度の心配はないかと思いますが、既販車の場合はご注意ください(STEKDYNO smoke、XPELストレートスモーク 35%はお勧めできません)。

今回ペイントを行ったのは、ヘッドライト廻りやテールレンズ廻り及びグリル廻りのガンメタ部分をグロスブラックに、またトランクエンブレム、トランクスポイラーも同色にペイントすることによりブラックアウト化しました。なお、トランクスポイラーについては、別途取付作業も行いました。

弊社は、「ポルシェ」「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ボルボ」「MINI」等の厳しい基準に基づいた認定(指定)板金塗装工場の資格を有しており、施工時にパーツの脱着や塗装の必要な複合する作業についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。



サンキュウセット(PPF+GZOX)のご案内

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇メルセデスAMG G63|パーツペイント(塗装)取付・交換

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデスAMG G63(ゲレンデヴァーゲン) のパーツペイント(塗装)取付・交換、ラッピング及びプロテクションフィルム等の施工事例について、ご紹介させていただきます。

施工内容 – –

メルセデスAMG G63

・フロントブラバスリップ
(フロントバンパー同色ペイント・取付)

・デュフューザー交換
(カーボンパーツ)

・フロントグリルエンブレム、サイドモールエンブレム
(ブラバスエンブレム交換)

・ステップ、電動ステップ、ドアポッチ
(サテンブラックラッピング)

・ヘッドライト、ステップ外側
・ドアカップ、ドアエッジ
(プロテクションフィルム)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

人気のブラバスリップをフロントバンパーと同色にペイントして取付。リップのデイライトはヘッドライトのデイライト(リング)と連動、Bマークとフロントグリルのブラバスエンブレムはヘッドライトを点灯することで光ります(上3枚の写真参照)。またリヤバンパー下部のデュフューザーをカーボンパーツに交換しました。

弊社の大阪本社、東京営業所、京都営業所は、車体整備(板金塗装)とカーディテイリング関連の施工(作業)を同時に行うことが可能です。またそれぞれ特定整備認証も取得しており脱着や塗装が必要な作業もご安心いただけます。

またフロントグリルエンブレム、サイドモールエンブレムをブラバスエンブレムに交換し、ステップ、電動ステップ、ドアポッチをサテンブラック色にラッピング。ヘッドライト、ドアカップ、ドアエッジ及びステップ外側にプロテクションフィルムを施工しました。

弊社は、「ポルシェ」「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ボルボ」「MINI」等の厳しい基準に基づいた認定(指定)板金塗装工場の資格を有しており、施工時にパーツの脱着や塗装の必要な複合する作業についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。



Gクラス各種施工価格表

プロテクションフィルム施工キャンペーン

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇メルセデスAMG GLC63 S|ブラックアウトラッピング・ペイント|各種レンズスモーク化

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデスAMG GLC63 Sのブラックアウトラッピング・ペイント及び各種レンズスモーク化等の施工事例について、ご紹介させていただきます。

施工内容 – –

メルセデスAMG GLC63 S

・ウィンドウモール
・前後バンパーシルバー部
・ステップシルバー部
・テールメッキモール
(グロスブラックラッピング)

・マフラーカッター
・ドアハンドルメッキ部
(ボディ同色ペイント)

・ヘッドライト
・テールレンズ
・ミラーウィンカー
(スモークPPF:STEK DYNOshade)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

今回は、定番のウィンドウモールをはじめ、前後バンパーのシルバー部、テールメッキモール及びステップシルバー部をグロスブラック色のラッピングによりブラックアウト化。これらのパートをブラックアウトすることによりボディーが引き締まり、スポーティー感がアップします。

さらにマフラーカッターやドアハンドルメッキ部もボディー同色ペイントによりブラックアウト。弊社の強みはカーラッピングやプロテクションフィルム及びペイント等(補修含む)による作業を同時に行えるところです。

また「ポルシェ」「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ボルボ」「MINI」等の厳しい基準に基づいた認定(指定)板金塗装工場の資格を有し、それぞれのアルミニウムボディにも対応しています。

今回は、各種レンズ(ヘッドライト、テールレンズ、ウィンカー)関係もスモークプロテクションフィルムによりダークな雰囲気にイメージチェンジしました。特にヘッドライトプロテクションフィルムは保護機能もあるので、レンズの劣化や汚れも防ぎます。

弊社は、現状カーディテリング事業者では取得しいるところが少ない、自動車特定整備事業の認証も取得しています。また、輸入車全般の取扱いに精通しており施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。


プロテクションフィルム施工キャンペーン

お得なサンキュウセット(PPF + G’zoxセット施工)

プレカットフィルム販売キャンペーン(施工店様向け)

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇メルセデスAMG CLA45 S|プロテクションフィルム|パーツ・ペイント交換|ガラスコーティング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「メルセデスAMG CLA45 S」のEASTMAN V-KOOLプロテクションフィルム施工、ウィンドウモール交換、パーツペイント及びガラスコーティング(G’zoxリアルガラスコート)等の施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

・フード、フロントバンパー、ヘッドライト
・ドアエッジ、ドアカップ、ラゲッジエリア
(EASTMAN V-KOOLプロテクションフィルム)

・ウィンドウモール交換
(メッキモール ⇒ 純正ブラック)

・ドアノブメッキ部
(グロスブラックペイント)

・テールレンズ、リフレクター
(キャンディスモークペイント)

・ガラスコーティング
(G’zoxリアルガラスコート class R)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

日本の道路環境にマッチしたサイズ感が魅力のメルセデスAMG CLA45 S。プロテクションフィルムの施工についても、フード、フロントバンパー、ヘッドライトと、前面から飛び石を受けやすい部分の保護及びドアエッジ、ドアカップ、ラゲッジエリアの乗降りや荷物の出し入れ等、日常使用において傷が付きやすい箇所への実用的な施工で、普段乗りのお車にとてもお勧めな内容です。

今回使用したEASTMAN V-KOOLプロテクションフィルムは、高性能ペイントプロテクションフィルムを専門とするプレミアブランドで、スーパーカーや高級ブランド等、最高のものを求めるユーザーに愛用されている最新のプロテクションフィルムです。

また今回は、ウィンドウモールをメッキ色のものから純正グロスブラックのパーツに交換するとともにドアノブメッキ部をグロスブラックにペイント(塗装)。テールレンズ及びリフレクターについてもキャンディースモークのペイントでダークな色に変更することによりボディ全体が引き締まりました。

ボディコーティングで使用した G’zoxリアルガラスコート class R は、温度変化に強く、高温になっても被膜は軟化せず汚れが固着しにくいタイプです。また対候性にも優れ紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを保護し、長期間にわたり輝きを持続させるとともにメンテナンスを大幅に軽減できます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇Gクラス|メルセデスAMG G63|プロテクションフィルム|カーラッピング|パーツ塗装・交換

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデスAMG G63(ゲレンデヴァーゲン)のプロテクションフィルム、カーラッピング(ブラックアウト)施工及びパーツ交換等の施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデスAMG G63

・前後スポイラーペイント・交換
(TopCar Design)

・前後バンパートリム、フロントグリル
(色付きパーツ交換)

・ヘッドライト、ウィンカー、ミラーウィンカー
(ナイトパッケージ交換)

・フード、ヘッドライトパネル
・フロントグリル、フロントバンパー
・フロントリップスポイラー、ステップ外側
・ドアエッジ、ドアカップ
(V-KOOLプロテクションフィルム matt)

・ヘッドライトプロテクションフィルム(V-KOOL)
・リフレクタープロテクションフィルム(スモーク)

・スペアタイヤカバー、ドアポッチ
(グロスブラックラッピング)

・ステップ、電動ステップ
(サテンブラックラッピング)

・ヘッドライト光軸調整

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

ノーマルでも充分迫力のある純正マットブラック色のゲレンデヴァーゲン! AMG G63。「TopCar Design」の前後スポイラーをグロスブラック色にペイント(塗装)して交換。

また前後バンパートリム及びフロントグリルを色付きパーツに交換するとともにヘッドライト、ウィンカー、ミラーウィンカーもナイトパッケージに交換(ブラックアウト化)、ワイルド感がアップしました。

また純正マット塗装(ペイント)の車両は、通常の塗装色以上に飛び石等のキズや普段のメンテナンス等にも気をつかうため、マット仕様のプロテクションフィルムをご指定パートに施工。今回使用したプロテクションフィルムは「EASTMAN V-KOOLプロテクションフィルム:マット」を選択しました。

イーストマンのマットプロテクションフィルムは、純正マット色の塗装面保護に最適で、マット塗装の質感が変わることなく施工箇所と未施工箇所の変化もありません。現在弊社の取扱っているブランドの中で、現場の職人から一番評価の高いマット仕様のプロテクションフィルムです。

なお、ヘッドライトプロテクションフィルムはグロス仕様のイーストマン V-KOOLをリフレクターはスモーク仕様のプロテクションフィルムを施工しました。

スペアタイヤカバー及びドアポッチは定番のグロスブラック色でラッピング。ステップと電動ステップはサテンブラック色でラッピングしたのち、ステップ外側のみマット仕様のプロテクションフィルムを施工しました(V-KOOL matt)。

また今回はヘッドライトを交換しているため、ヘッドライトの光軸調整を行いました。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として輸入車全般の取扱いに精通しており、施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)の各種カーラッピング、プロテクションフィルム及びパーツ交換ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

Gクラス各種施工価格表(価格交渉歓迎)

カーディテイリング見積依頼フォーム

各種施工価格シミュレーション

◇ランボルギーニ|ブラックアウト化|ウルス

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「ランボルギーニ・ウルス」の塗装(ペイント)よるブラックアウト化の施工事例をご紹介させていただきます。

施工内容 – –

ランボルギーニ・ウルス

・フロントバンパーシルバー部
・ドアモール、ステップ、サイドスカート
・デュフューザー、リヤエンブレム
(マットブラックペイント)

・ステップ外側PPF施工(Matt finish)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

最近ではどちらかというとカーラッピングによるブラックアウトの方が多くなっていますが、仕上がりの品質や耐久性はペイント(塗装)の方が断然優れています。

ラッピングによる施工の一番のメリットは元に戻れるところです。ただ実際販売時にラッピング部分を剥がして販売している人はあまりいません。元に戻すことを考慮する必要がない場合は、塗装での施工がお勧めです。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として輸入車全般の取扱いに精通しており、施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

各種カーラッピング、プロテクションフィルム及びパーツ交換ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇Gクラス|カーラッピング|プロテクションフィルム|ペイント|メルセデスAMG G63

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「メルセデスAMG G63(ゲレンデ)エクスクルーシブエディション」の各種ブラックアウトカーラッピング、ペイント(塗装)及びスモークプロテクションフィルムによる施工事例についてご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデスAMG G63エクスクルーシブエディション

・フロントグリルメッキ部、フロントバンパートリム、ドアポッチ
(マットブラックラッピング)

・エンブレム 7点(スターマーク、AMGロゴ含む)、アンダーカバー
(マットブラックペイント:塗装)

・ウィンカー、テールレンズ、リフレクター
(キャンディスモークペイント)

・ヘッドライト、デイライト、ミラーウィンカー
(スモークプロテクションフィルム)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

※ 上の写真がビフォーで下の写真がアフターです。

フロントグリルのメッキ部、バンパートリム及びドアポッチはマットブラックのラッピングです。定番のブラックアウトになりますが、顔(フロントグリル廻り)の雰囲気が変わると全体のイメージも変わります。

エンブレム 7点(スターマーク、AMGロゴ含む)、アンダーカバーはマットブラックのペイント(塗装)です。弊社では、大阪本社、京都営業所、高井田営業所及び東京営業所ともカーラッピングやプロテクションフィルムだけではなくエアロパーツの取付や各種ペイント(塗装)等にも対応しております。

ウィンカー、テールレンズ及びリフレクターは、キャンディスモークのペイント(塗装)。ヘッドライト、ディライト及びミラーウィンカーはプロテクションフィルムによるスモーク化です。

Gクラスは各部のカーラッピング及びペイント等のご依頼もいろいろで、カスタムを楽しまれるオーナーさんがたくさんいらっしゃいます。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として輸入車全般の取扱いに精通しており、施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

Gクラス(ゲレンデバーゲン)の各種カーラッピング、プロテクションフィルム及びパーツ交換ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

Gクラス各種施工価格表(価格交渉歓迎)

カーディテイリング見積依頼フォーム

各種施工価格シミュレーション

◇フルマット PPF|各種ラッピング&ペイント(塗装)|アストンマーティン・ラピードS

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「アストンマーティン・ラピードS」の各種ラッピング、ペイント(塗装)及びフルボディプロテクションフィルム(HEXIS BOBYFENCE MATT)によるブラックアウト化(マットブラック化)の施工事例をご紹介させていただきます。

施工内容 – –

・フルマットプロテクションフィルム
(HEXIS BOBYFENCE MATT:Matt finish)

・テールレンズプロテクションフィルム
(STEK DYNOshade:スモーク finish)

・フード、フロントリップ、ミラー
(グロスカーボンラッピング)

・ウィンドウモール、トランクモール、テール上モール
(マットブラックラッピング)

・フードダクト、フロントグリル、ホィール 4本
(マットブラックペイント)

・フロント、リヤエンブレム、ホィールキャップ
(キャンディスモークペイント)

・マフラーカッター
(耐熱マットブラックペイント)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

フルマットプロテクションフィルムで使用したフィルム「HEXIS BOBYFENCE MATT」(マット艶消し)は、グロスの塗装面に施工することによりボディをマット化(マットフィニッシュ)することが可能です。また純正マット色の塗装面保護にも最適です。

今回は、フード、フロントリップ及びドアミラーはラッピングを行うためプロテクションフィルムの施工は行っておりません。テールレンズはヘッドライトプロテクションフィルム「STEK DYNOshade」によりスモーク化しました。

フード、フロントリップ、ミラーカバーはグロスカーボンのラッピング。ウィンドウモール(メッキモール)、トランクモール、テールレンズ上モールはマットブラックのラッピングです。

フードダクト、フロントグリル、ホィール 4本はマットブラックのペイント(塗装)。フロント・リヤのエンブレム、ホィールキャップはキャンディースモークペイント。マフラーカッターは耐熱マットブラックのペイントです。

弊社はポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、施工時にパーツの脱着が必要な作業や各種ペイント(塗装)等についてもご安心いただけます。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ(施工店様向け)

◇メルセデス・ベンツ V220d|ペイント&ラッピング|ブラックアウト化

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデス・ベンツV220dのペイント(塗装)とカーラッピングによるブラックアウト化の施工事例について、ご紹介させていただきます。

施工内容 – –

メルセデス・ベンツ V220d

・グリルシルバー部、メッキ部、メッシュ部
(グロスブラックペイント)

・前後スターマーク、フードエンブレム、V220dエンブレム
(マットブラックペイント)

・ルーフレール
(マットブラックラッピング)

・バンパーメッキ部、ゲートメッキ部
(グロスブラックラッピング)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

ブラックアウト化はペイント(塗装)、ラッピングとも人気のメニューではありますが、最近弊社で多いのはそれぞれのパーツや部位においてペイントとラッピングを使い分けるパターンです。施工品質や耐久性は明らかに塗装の方が優れていますが、ラッピングは元に戻せるところが魅力です。

どうしてもラッピングでは難しいパーツ等はペイントを選択し、将来元の状態に戻す可能性を含めてラッピングにしておいた方がベターなところはラッピングで対応します。またそれぞれの施工費用に応じて決定される場合もあります。

今回は交換可能なパーツ(フロントグリルやエンブレム)はペイントで対応し、交換するとなるとコスト等も膨らんでしまう部分(ルーフレールやリヤゲート)はラッピングで対応しました。

弊社は、ポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、ミニ、ボルボ等の認定板金塗装工場として、輸入車全般の取扱いに精通しており、施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

各種ラッピング、ペイント(塗装)、スプレー式プロテクションフィルム及びエアロパーツ取付等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

カーディテイリング見積依頼フォーム

各種施工価格シミュレーション

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial