ポルトフィーノ」タグアーカイブ

◇XPEL STEALTH PPF|XPEL FUSION PLUS|フェラーリ・ポルトフィーノ

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、フェラーリ・ポルトフィーノのXPEL STEALTH(ステルス)プロテクションフィルム、P-shieldウィンドウプロテクションフィルム及びプロテクションフィルム専用コーティング XPELフュージョンプラスセラミックコーティングの施工事例についてご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

フェラーリ・ポルトフィーノ

・フルボディステルスプロテクションフィルム
XPEL STEALTH:Matt finish )

P-shieldウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

FUSION PLUS™ セラミックコーティング
(プロテクションフィルム用コーティング)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

XPELステルスプロテクションフィルムは、光沢塗装面に施工することにより特別仕様で人気になっているマットな外観へ変貌させるとともにXPEL ULTIMATE PLUSと同じように塗装面を美しく長期間保護します。

また純正マット塗装の車両にXPELステルスを施工しても施工前との差が無く、施工箇所・未施工箇所の差はほとんど分かりません。滑らかなサテン(マット)仕上げの塗面維持は難しい事で有名です。XPELSTEALTHを施工することで、簡単にクルマを洗車し新車時のマットペイントの状態を維持できます。

XPELステルスプロテクションフィルム施工後フュージョンプラスセラミックコーティングを施工しました。フュージョンプラスはペイントプロテクションフィルムだけではなく塗装面においても最大限の機能を発揮するコーティング剤で比類のない光沢、優れた疎水保護性、および9H被膜により耐擦傷性も向上します。

弊社では、プロテクションフィルムのお手入れ、洗車方法、耐久性等について不安のあるお客様には、XPELプロテクションフィルムと「 FUSION PLUS™ セラミックコーティング」を組み合わせて施工されることをお勧めしております。

最後にプロテクションフィルムとセット施工が定番になりつつある「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルムを施工。ボディ全体だけではなくフロントガラスもあわせて飛び石等から保護することにより安心感は絶大です。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン実施中

◇フェラーリ|プロテクションフィルム施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

自粛ムードのゴールデンウィークも終盤に入りましたが、弊社は本日(5/6)より通常営業に戻ります。

連休前には、たくさんのご用命を賜りありがとうございました(写真:大阪本社営業所 1F~3F)。引続きよろしくお願いいたします。

今回は、大阪本社で一番入庫台数の多いフェラーリ(FERRARI)各車のプロテクションフィルム施工事例をご紹介させていただきます(ポルトフィーノ、488ピスタ、F8トリブート)。

このクラスで一番ご要望の多いプロテクションフィルムの施工は、XPEL ULTIMATE PLUSによるフロントフルセット(フード、バンパー、フェンダー、ドアミラー、ヘッドライト)で、入庫台数の 5割以上がこの施工になっております。

追加される部位については、ロッカーパネルキット、クォーター、左右ドア、ルーフ等ありますが、以前に比べるとフルボディの施工割合もかなり増えてきております(2割~3割)。

また最近では、ボディだけではなくウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)の施工率も高くなっています。

特にこの半年では、プロテクションフィルム施工台数の 5割以上で、ウィンドウプロテクションフィルムをご要望されるようになりました。

フェラーリのフロントガラスは、他の車両に比べると施工難易度が高いので、熟練者による施工が必要になります。

弊社はプロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング等、製品ラインナップの充実に努め、お客様のニーズに対応したご提案を行っております。ご検討の際には、お気軽にお声がけください。