フロントガラス飛び石保護」タグアーカイブ

◇フロントガラス保護フィルム|P-shield|ポルシェ911カレラS

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「ポルシェ 911カレラS 」のプロテクションフィルム「XPEL ULTIMATE PLUS」フロントガラス保護フィルム「P-shield」の施工事例(大阪本社)をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ポルシェ911カレラS

・フロントフルセットプロテクションフィルム
(XPEL ULTIMATE PLUS)

・「P-shield」フロントガラス保護フィルム
(ウィンドウプロテクションフィルム)

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

プロテクションフィルムは、定番の「XPELプロテクションフィルム」によるフロントフルセット(フード、バンパー、フェンダー、ドアミラー、ヘッドライト)の施工により前まわりの飛び石等から塗面を保護します。

これまでペイントプロテクションフィルムを施工されてもフロントガラス保護フィルムを施工されないお客さまがたくさんおられましたが、最近ではほとんどのお客さまが、フロントガラスの保護フィルムをセットで施工されるようになりました。

従来の製品に比べて、フィルム特有の歪みも解消され透明性および耐久性等の改善が進んだことが要因だと思われます。弊社はプロテクションフィルムだけではなく、フロントガラス保護フィルムにおいてもラインナップの充実に努めています。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇プロテクションフィルム|フロントガラス保護フィルム|ポルシェ 911カレラS

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、「ポルシェ 911カレラS (992型)」のウィンドウプロテクションフィルムペイントプロテクションフィルムの施工事例(大阪本社)をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

ポルシェ 911カレラS (992型)

・フロントフル + 左右クォーター + ルーフサイド~ステップ(XPEL ULTIMATE PLUS

・フロントガラス P−shieldウィンドウプロテクションフィルム

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

プロテクションフィルムのフロントフルセット(フード、バンパー、フェンダー、ドアミラー、ヘッドライト)に左右クォーター及びルーフサイドからステップまでを追加、前まわりの飛び石と前輪のはね上げ等から塗面を保護します。

さらに施工率の上がっている P-Shieldウィンドウプロテクションフィルムを施工して、フロントガラスを飛び石から保護。すでに PPF + WPFは定番メニューです。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルム

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、正規販売店として取扱をスタートしてから、施工・販売及び講習会とも好調に実績を伸ばしております P-Shieldウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルムについて、改めてご紹介させていただきます。

弊社は、ボディーを保護するペイントプロテクションフィルムだけではなく、フロントガラスプロテクションフィルムにおいても積極的にラインナップを拡大し、ニーズに合わせたご提案を行っております。

「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルムは、高品質な純国産フィルムを使用し、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性を高バランスにあわせ持つ、フロントガラス専用の高機能プロテクションフィルムで、安心の飛石ブロック機能、優れた屋外耐候性能を有しています。

現在弊社では、フロントガラス保護フィルムの施工において、特別なニーズ(積層フィルム、遮熱機能等)がないお客様には、強力なガラス保護機能に加え、透過率、透明性、初期撥水機能の高い「P-Shieldウインドウプロテクションフィルム」の施工をお勧めしています。

また「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルムは、その特性に応じた独自の施工方法でインストールすることにより、初めてお客様に満足いただける品質で、提供することが可能です。弊社では、正規トレーニング会社として、講師1名につき受講者 2名様までの少人数制で、実車を使用した実技中心の施工講習会(施工店様向け)を行っております。

※ 施工講習会(注:2日コース)においては 1名からお車の持込が可能で、持込んでいただいたお車に「P-Shield」を施工していただけます。

「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)の施工、取扱及び講習受講等ご検討の際には、お気軽にお問い合わせください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

・ カーディテイリング参考価格のご案内

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇レース車両のウィンドウシールドプロテクション

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、レースカーのフロントガラス保護(飛び石防止)フィルムについて、ご紹介いたします。レース中のフロントガラスには、一般走行では考えられないぐらい前方車両から巻き上げられる飛び石、砂、オイル、泥、タイヤかす等が飛んできます。

近年のレース車両にはフロントガラスを飛び石等から守るウィンドウプロテクションフィルム(保護フィルム)及び簡単に拭き取れない汚れ(オイル・タイヤかす)から短時間で視界をクリアーにするための積層フィルム(ティアオフ)を施工している車両が増えてきました。

特にレース中にピット作業が入る耐久系のレースにおいては、ほとんどの車両で積層フィルム(ティアオフ)が施工されるようになりました。

弊社はこの分野におけるフロントガラス保護の定番である米国レーシングオプティクス社(Racing Optics)の認定ディーラーとして、レース車両用積層フィルム 3333シールドの施工・販売を行っております(WEC等ではほとんどの車両にレーシングオプティクスの積層フィルムが施工されています)。

また弊社では、遮熱効果と保護効果を併せ持つ「CLIMAXフロントガラスシールド」をベースの保護フィルムとして施工し、その上にレーシングオプティクス社の 積層フィルム(ティアオフ)を施工することをお勧めしています。

一部の競技車両やスーパーカーで活用されてきたフロントガラスに外貼りするウインドウプロテクションフィルム(飛び石防止フィルム)も技術開発が進み製品競争が進んでいます。需要・供給の広がりでフィルムの性能が上がるにつれて、最近では JAF公認のナンバー付レース車等においてもウインドウプロテクションフィルム(飛び石防止)の施工を行う車両が増えてきています。

現状弊社では、ワンメークレースやナンバー付レースカー及びスポーツ走行車両等については、強力なガラス保護機能に加え、透過率、透明性、初期撥水機能の高い「P-Shieldウインドプロテクションフィルム」の施工をお勧めしています。フィルム表面の強力な撥水コートにより雨天時の視界の確保に優れ汚れの付着も少なくなります。

またこの 2月に新商品として発売が予定されている米国STEK社の「Windshield-flex」は施工時に熱成形の必要がないウィンドウプロテクションフィルムとして注目されています。

弊社としても STEK JAPANの国内正規販売店として、今後評価テストを進めるとともにナンバー付レースカー等のプレカットフィルムの作成を順次行います。

ウィンドウプロテクションフィルムが、プレカットフィルムを用いた熱成形のない施工になれば施工価格はかなり抑えられると思われます。是非続報にご期待ください。

各種プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、ガラスコーティング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。