カーラッピング」タグアーカイブ

◇ペイントプロテクションフィルム(PPF)出張施工講習|フェラーリ488チャレンジEVO

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、新潟県の「有限会社 Axis」様で実施したペイントプロテクションフィルム(PPF)講習及びフロントガラスプロテクションフィルム + カーラッピング講習について、ご紹介させていただきます。

講習内容は、フェラーリ488チャレンジ EVOの実車施工トレーニングを中心に行った XPELペイントプロテクションフィルム(PPF)の 3日間認定講習及び 1DAYウィンドウプロテクションフィルム(WPF)+ カーラッピング(ルーフ)講習の特別出張コースです。

◇講習内容 – –

講習車両:フェラーリ488チャレンジEVO

・フルボディプロテクションフィルム(ルーフ除く)
(XPEL STEALTH)

・ルーフラッピング
(3M 2080-G12 グロスブラック)

・ウィンドウプロテクションフィルム
(STEK DYNOflex)

このたびは 4日間特別コース受講ありがとうございました。

– –

XPELステルスプロテクションフィルムや STEKのダイノマット及び HEXISボディフェンスマットは、グロス(光沢)の塗装面にプロテクションフィルムを施工するだけで、マットな新しい外観へイメージチェンジ出来る優れものです。

またメンテナンス等の難しい純正マット(艶消し)塗装のボディに施工することにより、質感を変えることなく塗装面を保護するとともに日常の手入れも容易になります。

フェラーリのワンメークレース車両 488チャレンジEVO。レース中には様々な飛散物を受けます。少しでもダメージを抑えるためプロテクションフィルムは必須です。

3日間のプロテクションフィルム認定講習に追加した1DAY講習で、まずは人気のルーフラッピング。フェラーリのルーフラッピングはすでに定番メニューで、ほとんどの方がグロスブラック色を指定されます。

マットシルバーのボディにグロスブラックのルーフ。アクセントが効いていて似合っていると思います。完成車両写真がないのが残念です(弊社現場の撮り忘れ..)。

ウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)は、各種プロテクションフィルムの中でも特に消耗品的な要素の高いフィルムになりますが、サーキット走行車両は様々な飛散物からフロントガラスを守るためウィンドウプロテクションフィルムも必須です。

今回は張り替える機会が多い車両なので、熱成形の必要がないSTEK「Windshield-DYNOflex」による施工です。STEKダイノプレックスの最大の特徴は、特殊なポリウレタン素材を採用したことによる優れた施工性です。特にレース車両等については、一度プレカットフィルムを作ってしまえば貼り替えも簡単に行えます。

弊社の各種プロテクションフィルム及びカーラッピング講習は、講師1人につき受講者 2名様までの少人数制の講習となっております。フィルムの基本知識やスキージーの使い方などの基礎から実車を使用した実技講習を中心とした内容です。

認定施工店コースでは、実際の施工時に起こりがちなトラブルにもしっかり対処できるように、リカバリー方法や各部施工時の注意点など細かく学ぶことができるプログラムとなっております。

また持込車両を認めているコースも多く、持込んでいただいたお車に施工を行っていただけます。様々なご要望にも出来る限り柔軟に対応いたします。講習受講等ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

ペイントプロテクションフィルム講習

ウィンドウプロテクションフィルム講習

カーラッピング講習

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇フルラッピング|アストンマーティン DB11|マットブラック化


みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は「アストンマーティン DB11」のフルボディカーラッピング(フルラッピング)によるカラーチェンジ(マットブラック化)の施工事例についてご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

アストンマーティン DB11

・フルボディカーラッピング(ドア、トランク内側含む)
使用フィルム:3M2080-S12 サテンブラック

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

個人的な感想ですが、大人のスポーツカー的な存在のアストンマーティンDB11。今回のフルラッピングによるカラーチェンジは、落ち着いた雰囲気のホワイトボディから存在感が半端ないマットブラック化。

3M社製(最新)のカーラッピングフィルムによるマットブラック化は、好みによりマットブラック(2080-M12 マットブラック)とサテンブラック(3M2080-S12 サテンブラック)からフィルムを選択することになります。ざっくりとした説明になりますが、ワイルド感ならノーマルのマットブラック、少し上質な感じを好まれる場合は、サテンブラックがお勧めです(今回はサテンブラック)。

※ サテンブラックの方は少し光沢感があります。

弊社のカーラッピング施工の強みは各部のパーツを脱着して行えるところです。パーツを脱着して行うカーラッピングと脱着せずに行う施工では細かな部分の施工品質に違いがでます(但し、金額は高くなります)。今回の車両のようにホワイトのボディをマットブラックにするような場合その差は明らかです。

弊社はポルシェ、メルセデスベンツ、BMW、MINI、ボルボ等輸入車の認定BP工場資格をそれぞれ取得しています。輸入車全般の取扱いに精通しており施工時にパーツの脱着が必要な作業についてもご安心いただけます。

通常のフルラッピングは車の外側だけの施工になりますが、今回はご要望によりドアやトランクの内側にもラッピングを施工しました。内側まで施工することによりドアやトランクの開け閉めも違和感なく簡単にラッピング車両だとは気付かれないと思います。

※ 脱着の有無、内側施工の有無等により施工金額は異なります。

ホワイトからマットブラックに変身した 「アストンマーティン DB11」 まったく別の車のようになりました。カーラッピングによるカラーチェンジ及びイメージチェンジ等、ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

◇メルセデス・ベンツG400d|カーラッピング&ペイント(塗装)|ガラスコーティング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、Gクラス(ゲレンデ)メルセデス・ベンツG400dのカーラッピングとパーツ塗装(ペイント)によるブラックアウト等、施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデス・ベンツG400d

・フロントリヤバンパートリム
・フロントグリルメッキ部、ステップ
・サイドモール、ドアポッチ
・スペヤタイヤカバー
(グロスブラックラッピング)

・ステップ外側のみPPF施工
(XPELステルスプロテクションフィルム)

・フロントグリルシルバー部
・ミラーカバー、エンブレム 3点
(グロスブラックペイント)

・フードエンブレム
(キャンディスモークペイント)

・G’zoxリヤルガラスコート(class R)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

フロントリヤバンパートリム、フロントグリルメッキ部、ステップ、サイドモール、ドアポッチ、スペヤタイヤカバーまでをグロスブラックのラッピングで対応。ステップ外側のみ定番になっているプロテクションフィルム(XPEL)を施工。

フロントグリルシルバー部、ミラーカバー、エンブレム 3点はグロスブラックのペイント(塗装)。フードのエンブレムはキャンディスモークのペイントです。

Gクラスはカーラッピングメニュー、ペイントメニューともたくさんありますので、いろいろご相談いただけると幸いです。価格交渉も大歓迎です。ニーズに合わせたご提案させていただきます。

Gクラス各種施工価格(定価)表

今回ボディコーティングは、お客様のご要望により「G’zoxリアルガラスコート class R」を施工しました。「G’zoxリアルガラスコート class R」はガラス系被膜に高レベルの撥水性能を付与させ、しっかり雨を弾くとともに、酸性雨や水アカからボディを守ります。

人気が衰えることのないGクラス(ゲレンデ)。カーラッピング、塗装とも様々な定番メニューがありますが、弊社はどちらも問題なく対応が可能です。またメルセデス・ベンツ正規販売店 指定板金塗装工場(フルアルミニウムボディショップ)として脱着の必要がある作業もご安心いただけます。

ご検討の際には、お気軽にお声がけ下さい。

Gクラス 各種施工価格(定価)表(価格交渉歓迎)

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

◇メッキモールラッピング|ルーフレールラッピング|アウディ Q8|ブラックアウト化

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、アウディ Q8(Audi Q8)のメッキモールラッピング、ルーフレールラッピング及びドアプロテクターモールラッピングによるブラックアウト化の施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

アウディ Q8

・ルーフレールラッピング
(サテンブラックラッピング)

・メッキモールラッピング
・ドアプロテクターモールラッピング
(グロスブラックラッピング)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

上の写真は全て施工前の写真です。特に違和感があるわけではないのですが、特にルーフレールやウィンドモール等は、ブラックアウトすることにより車全体の雰囲気がだいぶ変わります。

アウディ Q8はノーマルでも充分迫力のある車ですが、ブラックアウト化によりさらにインパクトのある雰囲気に変身します。

カーラッピングによるブラックアウト、塗装(ペイント)によるブラックアウト、プロテクションフィルムによるヘッドライトやテールランプのスモーク化、塗装によるスモーク化等ご検討の際には気軽にお声がけください。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF+コーティングセット施工キャンペーン

施工店様向けオンラインショップ登録

◇TEAM 5ZIGEN|MINI CHALLENGE JAPAN 2022|レース車両カーラッピング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、TEAM 5ZIGENが新たにチャレンジする「MINI CHALLENGE JAPAN 2022」レース車両(MINI F56 JCW)のカーラッピングについて、施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

TEAM 5ZIGEN (MINI F56 JCW)

・MINI CHALLENGE レース車両カーラッピング

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

レース車両のカーラッピングは、ベース車両から徐々に変化していく過程のワクワク感がたまりません(施工している人は大変だと思いますが..)。同じ車なので絶対そんなことはないのですが、完成するとパワーまでアップしているように感じます。

「MINI CHALLENGE JAPAN 2022」4/16(土)~17(日) 開幕戦(スポーツランドSUGO)!応援よろしくお願いします。

弊社は各種PPF、WPFのラインナップにおいて、レーシングカー、スポーツ走行車両等に適した商品も取扱っております。ご検討の際には、お気軽にお声がけ下さい。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)

◇メルセデス・ベンツS580 4MATICロング|ブラックアウト

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、メルセデス・ベンツS580 4MATICロングのカーラッピングとペイント(塗装)によるブラックアウト化について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデス・ベンツS580 4MATICロング

・ウィンドウモール、ドアハンドル
・フロントグリルレーダー部・枠
・ステップフィンメッキ部
・トランク・テールメッキモール
・リヤバンパーメッキモール
(グロスブラックラッピング)

・フロントグリル中メッキモール
・各エンブレム:グリル、フード、トランク
(グロスブラックペイント)

・マフラーカッター
(耐熱グロスブラックペイント)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

「メルセデス・ベンツSクラス」の最上級グレード!ノーマルでも充分迫力のある車ですが、ブラックアウトによりさらにインパクトのある姿に変身。後方から迫ってくるだけで進路変更間違いなしです。

弊社はカーラッピングおよびペイント、パーツ取付・交換等問題なく対応が可能です。またメルセデス・ベンツ正規販売店 指定板金塗装工場(フルアルミニウムボディショップ)として脱着の必要がある作業もご安心いただけます。ご検討の際には、お気軽にお声がけ下さい。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF+コーティングセット施工キャンペーン

施工店様向けオンラインショップ登録

◇Gクラス(ゲレンデ)AMG G63|エアロパーツ(ペイント・取付)|カーラッピング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、Gクラス(ゲレンデ)メルセデスAMG G63のパーツ塗装(ペイント)、取付、交換及びカーラッピングによる施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

メルセデスAMG G63

・フロントブラバスリップ
(ボディ同色ペイント・取付)

・ブラバスカーボンデュフューザー
(クリヤーペイント・取付)

・フロントグリルメッキ部
・フロント、リヤバンパートリム
・スターマーク、AMGエンブレム
(グロスブラックペイント)

・ヘッドライト、ウィンカー交換
(ナイトパッケージ)

・ステップ、ドアポッチ
・電動ステップメッキ部
(グロスブラックラッピング)

・ステップ外側のみPPF
(XPELステルス)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

フロントブラバスリップをボディ同色にペイントしてから取付。ヘッドライトとウィンカーはナイトパッケージに交換。

リヤもブラバスのカーボンデュフューザーにクリアー塗装を行い装着。

フロントグリムのメッキ部、スターマーク、AMGエンブレム及びフロント・リヤバンパートリムをグロスブラック色に塗装(ペイント)。

ステップ、ドアポッチ及び電動ステップのメッキ部をグロスブラック色にラッピング。その後ステップ外側はXPELステルスプロテクションフィルムにより保護。

人気が衰えることのないGクラス(ゲレンデ)。パーツ取付・交換、カーラッピング、塗装(ペイント)とも様々な定番メニューがありますが、弊社はいずれも問題なく対応が可能です。またメルセデス・ベンツ正規販売店 指定板金塗装工場(フルアルミニウムボディショップ)として脱着の必要がある作業もご安心いただけます。

ご検討の際には、お気軽にお声がけ下さい。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF+コーティングセット施工キャンペーン

施工店様向けオンラインショップ登録

◇スズキ・ジムニー|カーラッピング施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、人気が衰えることのないスズキ・ジムニー現行4代目のルーフラッピング施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

スズキ・ジムニー

・ルーフラッピング
(3M 2080:グロスブラック)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

軽自動車なのに本格的なオフロード走行が楽しめるジムニー。カーラッピングも人気があり、お問合せも多くなっています。

ボディ色とグロスブラックのルーフラッピングが似合っていて、かなりかっこよくなったように思います。

パートラッピングは手軽にイメージチェンジすることが出来るので何方にもお勧めです。ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン実施中

◇ルーフラッピング|ホィールラッピング|バンパーラッピング|Audi A4

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、Audi A4のルーフラッピング(アンテナ含む)、フロントバンパーラッピング、ホィールリムラッピング等の施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

Audi A4

・ルーフラッピング(アンテナ含む)
(LDグロスカーボン)

・フロントバンパー、ダクトメッキ部
・ホィールリムラッピング
(3M2080 マットブラック)

このたびはご用命いただきありがとうございました。

– –

弊社のカーラッピングで一番施工依頼の多いのがルーフラッピングです。それも以前に比べると台数が増えて行ってるように思います。ジムニーからフェラーリまで車種を問わず人気です。

滅多に依頼のないホィールリムのラッピングですが、このホィールはリムをマットブラックにすることで、雰囲気もかなり変わりよりスポーティーになりました。

フロントバンパーもメッキ色部分をマットブラック化することにより、車全体の雰囲気がかなりしまった感じになりイメージチェンジが可能です。

今回はルーフをグロスカーボン調に、ホィールリムおよびバンパーメッキ部をマットブラック色にカラーチェンジすることで、全体のスポーティー感がアップしました。

パートラッピングは手軽にイメージチェンジすることが出来るので何方にもお勧めです。ご検討の際にはお気軽にお声がけください。

・ 各種施工価格シミュレーション

・ カーディテイリング見積依頼フォーム

オンラインショップ登録(施工店様向け)

プロテクションフィルム + G’zox施工キャンペーン実施中

◇LOVEDRIVE RACING|MAZDAロードスター|カーラッピング|フロントガラス積層フィルム(ティアオフ)

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、シーズン開幕前のレース車両(レースカー)「LOVEDRIVEロードスター」のカーラッピング及びフロントガラスの積層フィルム(レーシングオプティクス:ティアオフ)の施工について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

LOVEDRIVEロードスター

・レース車両カーラッピング再施工

・フロントガラスシールド(積層フィルム)
レーシングオプティクス 3333シールド

この度はご用命いただきありがとうございました。

– –

年度末はいろんなイベントが重なるのと入庫台数も増えるので、シーズン前レースカー等のラッピングは、いつもバタバタした状態での施工になります。現場のみなさんいつもありがとうございます。

レーシングオプティクス社の積層フィルム(ティアオフ)3333シールドは、高級車両のフロントガラス用に設計された保護と視界の快適さを組み合わせたハイエンドソリューションです。このフィルムは 75μm 3層のポリエステルで構成されており、レース中の飛び石、汚れ等の保護及び取り外しが可能で、深いキズ、強い汚れ等が付着した時には1枚づつ取り外すことが出来ます。

従来の 4層タイプのフィルムと違いハイエンド車両用として設計されているため、施工性、視認性及び表面コート層の耐久性も大幅に改善されています。

今シーズンは、50号車の 1台体制でシリーズ優勝を目指さすようです。初戦鈴鹿のエントリー情報では、昨年の GT500チャンピオン「関口 雄飛」選手が Bドライバーで参戦予定になっていてとても楽しみです。みなさん応援よろしくお願いします。

弊社は各種PPF、WPFのラインナップにおいて、レーシングカー、スポーツ走行車両等に適した商品も取扱っております。ご検討の際には、お気軽にお声がけ下さい。

各種施工価格シミュレーション

カーディテイリング見積依頼フォーム

PPF + G’zoxセット施工キャンペーン

オンラインショップ登録(施工店様向け)