◇ウィドウプロテクションフィルム|撥水コート剤

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、弊社の新商品フロントガラス保護フィルム(ウィンドウプロテクションフィルム)用の撥水コート剤、CLIMAXシールドコートについて、ご紹介させていただきます。

製品バリエーションの広がりとともに施工率が上がっているフロントガラス保護フィルム(ウィンドウプロテクションフィルム)ではありますが、現状ではどの製品も一定期間でトップコート層の撥水機能が低下し、雨天時に視界不良が起こります。

CLIMAXシールドコートは、ウィンドウプロテクションフィルム(WPF)用に開発された撥水コーティング剤(クイック)で、簡単な作業で撥水コートが可能です。※ 撥水効果:1か月~2か月(使用状況により異なります)

ぜひ一度お試しください。
– – 施工店様向けオンラインショップで発売中。

◇使用方法
① 使用前にCLIMAXシールドコートをよく振ってからご使用ください。
② ウィンドウプロテクションフィルムの表面を洗って汚れを落としてください。
③ ウィンドウプロテクションフィルムが濡れたままの状態で全体にスプレーします。
④ スプレー後、すぐにマイクロファイバークロスや綿タオルで液剤を塗り広げるように拭き上げてください。クロスはこまめに絞ってください。
⑤ 拭き取り後、すぐに効果はありますが、出来ればじゅうぶんに乾燥させてください。(夏場:5分前後、冬場:20分~30分)

◇使用上の注意
・換気の良い場所で使用してください。
・風の強い時や砂ボコリの多いところ、炎天下では使用しないでください。
・シミ、ムラ等の原因になるので、液をつけたまま長時間放置しないでください。
・窓ガラスの内側や車内のパーツには使用しないでください。
・気温が10℃以下の場合は暖房やデフォッガーでガラスをあたためながら作業してください。

[ボディに使用する場合の注意点]
・つや消し塗装・つや消しフィルムには使用しないでください。
・ボディに使用した場合も本製品の効果のある間は撥水状態になります。
・再塗装車や劣化したボディに使用する場合は目立たない所で試してから使用してください。

◇プロテクションフィルム + G’zoxリアルガラスコート|セット施工キャンペーン

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、弊社が 6月1日からスタートするペイントプロテクションフィルムG’zoxリアルガラスコート(ガラスコーティング)のセット施工キャンペーンをご紹介させていただきます。

ここ数年ペイントプロテクションフィルムの認知度があがり、各施工店においても予約先行が続いている状況ですが、弊社におけるプロテクションフィルム施工の 9割以上が、車両本体価格 1千万以上の車両になっております。

今回のキャンペーンは、プロテクションフィルムの認知度をさらに高めるとともに大切な愛車保護の新たなアイテムとして、PPF市場の裾野を広げるこをと目的にしております。

キャンペーンの対象車両、申込条件および支払い条件等は下記のようになっております。この機会にスーパーカー御用達の保護アイテムをご利用いただければ幸いです。

施工価格
対象車両一律:297,000円(税込み)※ 弊社通常施工価格:40万円 ~ 50万円

キャンペーン期間
2021年6月1日~2021年11月30日

◇対象車両(対象店舗において、各月 5台限定です)
車両本体定価(新車時)999万円以下で、車検証記載の長さ × 幅 × 高さが 14㎥未満の5人乗り以内乗用車(※ 新車登録1か月以内+PPFプレカット データのある車両)。

◇申込条件
オンライン事前予約、対象営業所への車両持込(代車提供無し)、弊社SNS・ホームページ等での施工写真掲載(施工事例として紹介させていただくことも条件になっています)。

◇支払い条件
事前クレジット決済および銀行先振込(振込手数料はお客様負担となります)。

◇キャンペーン受付対象店舗
本社営業所:〒540-0038 大阪市中央区内淡路町3-1-3
京都営業所:〒614-8171 京都府八幡市上津屋尼ヶ池33-1
東京営業所:〒135-0062 東京都江東区東雲2-11-12

プロテクションフィルムおよびG’zoxリアルガラスコートの種類、施工範囲、施工後の保証範囲等ついては、次のとおりです。

プロテクションフィルムの施工箇所
フロントフルセット(フード、バンパー、 フェンダー、ドアミラー、ヘッドライト)となります。

◇プロテクションフィルムの種類
XPEL ULTIMATE PLUS」「STEK DYNOshiield」「HEXIS BODYFENCE X」「CLIMAXプロテクションフィルム」よりご選択いただけます。

◇G’zoxリアルガラスコートの施工箇所
プロテクションフィルム施工箇所以外のボディ全体

◇G’zoxリアルガラスコートの種類
classR」「classH」「classM」よりご選択いただけます。

◇施工保証内容
保証期間は施工日より6ヶ月間とし、下記条件において保証いたします。ただし、保証による再施工を行った場合でも、保証期間の開始日はもとの施工日とさせていただき、保証期間の延長はいたしません。
1. 施工後、フィルム本体の品質不良を起因とする剥離や浮きが発生した場合
2. 弊社の施工不具合によるフィルムの裂けや剥離、浮きが発生した場合

※保証再施工時における交通費、代車費用および再施工期間中に発生するお客様の損失等については、保証の対象外とさせていただきます。

◇注意事項
・プロテクションフィルムの変色や透明感については車両保管状況により異なりますの
で、変色や透明感についての保証はいたしかねます。
・プロテクションフィルム剥離時の塗装剥がれ、めくれ・傷・汚れについては保証いたし
かねます。
・高温となるマフラー周りのプロテクションフィルムの収縮・めくれ等については保証い
たしかねます。
・プロテクションフィルムの部分的な補修作業をした場合、同じフィルムを使用しても色
目や透明感が変わる場合がありますので保証いたしかねます。
・高圧洗浄機やスチーム洗浄機による洗車をした場合、フィルムのエッジ部分が剥がれる
場合がありますでご使用はお止めください。高圧洗浄機等のご使用によりフィルムエッジ
が剥がれた場合は保証いたしかねます。

◇お申込みおよび対象車両確認は、下記フォームよりお願いします。

– – お申込みフォーム(対象車両確認)

みなさんのお申込みを楽しみにおまちしております。

◇カーラッピング|パートラッピング(部分ラッピング)

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、ほぼ同日にご入庫いただいた BMW 420i、マツダ ロードスター、プリウスのパートラッピング(部分ラッピング)施工事例について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

BMW 420i

・ルーフ + ルーフモールグロスブラックラッピング
・ミラーカバーグロスブラックペイント
– –

◇施工内容 – –

ロードスター

・Fガラス廻り、ミラーカバーラッピング
(エイヴリィ マットメタリックガーネットレッド)
G’zoxリアルガラスコート(classR)
– –

◇施工内容 – –

プリウス

・ルーフラッピング
(3Mマットファイバーカーボン)
– –

それぞれ部分的な施工ではありますが、標準色に比べるとかなり雰囲気が変わります。パートラッピングは手軽にイメージチェンジが出来るのでお勧めです。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

— オンラインショップ登録(施工店様向け)

— カーディテイリング参考価格のご案内

— カーディテイリング見積依頼フォーム

◇ウィドウプロテクションフィルム|Racing Optics|P-Shield

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、レース車両におけるフロントガラス保護の定番(ティアオフシールド)レーシングオプティクス社(Racing Optics)の3333シールド及びボディ保護(PPF)とセット施工が主流になりつつある「P-Shield」ウィンドウプロテクションフィルムの施工事例についてご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

CLIMAXフロントガラスシールド( ベースフィルム)
レーシングオプティクス( 3層積層フィルム × 2)

遠方よりご入庫ありがとうございました。
– –
今週末のスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook「富士SUPER TEC 24時間レース」に向けてご入庫いただきました「村上モータース」ロードスター(#88 ST-5クラス)。

金曜日の公式予選は雨が予想されています。土曜日も微妙な状況で、雨天時及び深夜の走行における視界の確保が大切です。

レーシングオプティクス社の 3333シールドは高級車両のフロントガラス用に設計された保護と視界の快適さを組み合わせたハイエンドソリューションです。このフィルムは 75μm 3層のポリエステルで構成されており、レース中の飛び石、汚れ等の保護及び取り外しが可能で、深いキズ、強い汚れ等が付着した時には1枚づつ取り外すことが出来ます。

従来の 4層タイプのフィルムと違いハイエンド車両用として設計されているため、施工性、視認性及び表面コート層の耐久性も大幅に改善されています。

◇施工内容 – –

マクラーレン765LT
・「P-shield」フロントガラス保護フィルム
(ウィンドウプロテクションフィルム)

・フロントフルセットプロテクションフィルム
・ロッカーパネルプロテクションフィルム

この度はご用命いただきありがとうございました。
– –

弊社の直近入庫において、一番ご要望が多くなってるのが XPEL PPFのフロントフルセット + P-shieldウィンドウプロテクションフィルムのセット施工です。

フロントガラス保護フィルムも製品バリエーションが広がり、品質面においても確実に改善が進んでいます。なかでも P-Shieldウィンドプロテクションフィルムは、高品質な純国産フィルムを使用したフィルムで、撥水性と対スクラッチ性、そして長期耐候性をあわせ持っています。また特に透明感に優れていてお勧めです。ご検討の際には、お気軽にお問合せください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

カーディテイリング参考価格のご案内

カーディテイリング見積依頼フォーム

◇AMG GT4(TEAM 5ZIGEN)|損傷修復 + カーラッピング

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、前回のレースで損傷を負ったTEAM 5ZIGENさんの AMG GT4(#500)S耐久レース車両(ST-Zクラス)の損傷修復とカーラッピング再施工について、ご紹介させていただきます。

◇施工内容 – –

・左サイド損傷修復
・カーラッピング再施工
・STEK DYNOfancy ライトプロテクションフィルム
レーシングオプティクス(Fガラス積層フィルム)

次戦のスーパー耐久富士 24時間楽しみにしております。

– – https://www.soft99-as.co.jp/

S耐 2021 第2戦(菅生)における激しいバトルで接触等もあったようです。まずは弊社鶴見工場で損傷部分を修復後、ラッピング及びフロントガラス積層フィルム(レーシングオプティクス)の再施工を行いました。

また次戦(富士 24時間)からのレギュレーション変更?で、ST-X・ST-Zクラスについては、ヘッドライトを黄色にする必要があるとのことで、STEK社のDYNO fancy(ダイノファンシー)プロテクションフィルムを施工させていただきました。

次戦の第三戦は、ポイントランキングをトップで迎える富士24時間レース。新たに 2名のドライバーを加えて必勝モードのようです。みなさん応援よろしくお願いします。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

カーディテイリング参考価格のご案内

カーディテイリング見積依頼フォーム



◇プロテクションスプレー|ヘルメット PPF施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回はいい写真もなくて悩んだのですが、お客様のまわりで評判になっているようなので、ヘルメットプロテクションフィルム(スプレー式)の施工事例をご紹介させていただきます。

ヘルメットにもかなり高額な商品や大切にしたい記念のヘルメット、想いがこもったヘルメット等あるようですが、形状の問題により貼るタイプのプロテクションフィルムでは、継ぎ目が発生してしまいます。

プロテクションスプレー「Fenix Scratch Guard」は、ヘルメットや特別な形状をしたパーツ等を保護するのに最適です。施工していることがまったくわからいレベルの品質に仕上がげることが可能です。

カーボンヘルメットやエアロパーツ、貴重な二輪車(オートバイ)のガソリンタンク、高級ロードバイクのフレーム、その他プロテクションフィルムでは継ぎ目が発生するような商品の保護(キズ防止)等、ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

カーディテイリング参考価格のご案内

カーディテイリング見積依頼フォーム

◇アストンマーチンDBX|XPELステルス PPF施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、アストンマーチン初のSUVとして注目度の高いアストンマーチンDBXのプロテクションフィルム(XPELステルス)施工事例をご紹介させていただきます。

標準色でも充分迫力のある車両ですが、XPEL STEALTH(ステルス)プロテクションフィルムによりマット色に変身し、さらに存在感が際立ちました。

◇施工内容 – –

・XPELステルスフルボディプロテクション

「P-shield」フロントガラス保護フィルム
(ウィンドウプロテクションフィルム)

この度はご用命いただきありがとうございました。

– – https://www.soft99-as.co.jp/

フロントガラスにはプロテクションフィルムとセットになりつつある「P-Shield」フロントガラス保護フィルム(ウィンドウプロテクションフィルム)を施工。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

カーディテイリング参考価格のご案内

カーディテイリング見積依頼フォーム

◇スズキ・ジムニー|カーラッピング施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、スズキのフラッグシップ車(個人的な見解です)ジムニーのカーラッピング施工事例をご紹介させていただきます。

ジムニー及びジムニーシエラはとても人気のある車で、一時期は納車まで1年半~とか言われておりました。現在でも納期は 6ヵ月~10か月ぐらいかかってるようです。そんなこともあり不思議に存在感を感じてしまう車です。

◇施工内容 —

・ルーフ、左右クォーター、バックドアガラス廻り
(3M シャドーブラックラッピング)

この度はご用命いただきありがとうございました。

— https://www.soft99-as.co.jp/

今回はジムニー ダムド風とのことで..

部分的な施工ではありますが、特にサイドの感じや後方からのイメージは変わったように思います。パートラッピングは手軽にイメージチェンジが出来るのでお勧めです。

プロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング、エアロパーツ取付及び各種ペイント等、ご検討の際には気軽にお声がけください。

オンラインショップ登録(施工店様向け)

カーディテイリング参考価格のご案内

カーディテイリング見積依頼フォーム






◇プロテクションフィルム|大阪(本社)|ポルシェ911カレラS

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

今回は、連休明けにご入庫いただいたポルシェ(PORSCHE)「パナメーラ」 及び「911カレラS」のプロテクションフィルムその他施工事例をご紹介させていただきます。

◇施工内容 —

XPELプロテクションフィルムフルボディ
XPEL FUSIONPLUSセラミックコーティング

・「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

——————-

複数台数のご依頼をいただいているお客様ですが、その全てに「XPELプロテクションフィルム」を施工(フルボディ)いただいております。

また最近では、XPEL純正の「FUSIONPLUSセラミックコーティング」とフロントガラス保護フィルム「P-shield」を合わせてご依頼いただくのが標準となりました。

S様 いつもご用命賜りありがとうございます。

続いての1台は、全体的に引き締まった感じで迫力のある「ポルシェ911カレラS」です。

◇施工内容—

・XPELプロテクションフィルムフロントセット
・「P-shield」ウィンドウプロテクションフィルム
(フロントガラス保護フィルム)

この度ご用命いただきありがとうございました。

——————-


フロントガラス保護フィルム(ウィンドウプロテクションフィルム)の施工台数はかなりの勢いで増えております。

需要の広がりにより品質の改善が進んだ結果だと思いますが、弊社では特別なご要望(積層フィルムや遮熱フィルム等)がないお客様には、透明感に優れている「P-shield」をお勧めしております。

ご検討の際には、お気軽にお声がけください。

◇フェラーリ|プロテクションフィルム施工事例

みなさんこんにちは!
車体整備とカーディテイリングサービスのソフト99オートサービスです。

自粛ムードのゴールデンウィークも終盤に入りましたが、弊社は本日(5/6)より通常営業に戻ります。

連休前には、たくさんのご用命を賜りありがとうございました(写真:大阪本社営業所 1F~3F)。引続きよろしくお願いいたします。

今回は、大阪本社で一番入庫台数の多いフェラーリ(FERRARI)各車のプロテクションフィルム施工事例をご紹介させていただきます(ポルトフィーノ、488ピスタ、F8トリブート)。

このクラスで一番ご要望の多いプロテクションフィルムの施工は、XPEL ULTIMATE PLUSによるフロントフルセット(フード、バンパー、フェンダー、ドアミラー、ヘッドライト)で、入庫台数の 5割以上がこの施工になっております。

追加される部位については、ロッカーパネルキット、クォーター、左右ドア、ルーフ等ありますが、以前に比べるとフルボディの施工割合もかなり増えてきております(2割~3割)。

また最近では、ボディだけではなくウィンドウプロテクションフィルム(フロントガラス保護フィルム)の施工率も高くなっています。

特にこの半年では、プロテクションフィルム施工台数の 5割以上で、ウィンドウプロテクションフィルムをご要望されるようになりました。

フェラーリのフロントガラスは、他の車両に比べると施工難易度が高いので、熟練者による施工が必要になります。

弊社はプロテクションフィルム、フロントガラス保護フィルム、カーラッピング等、製品ラインナップの充実に努め、お客様のニーズに対応したご提案を行っております。ご検討の際には、お気軽にお声がけください。